CATEGORY 浪費家の夫とお金を貯める

浪費家の夫とお金を貯める

浪費家のパートナーはムダな固定費を払っているかも。わが家は年間約7,000円の損をしていました

わたしの夫は浪費家です。独身時代はいつも貯金がゼロで、クレジットカードのキャッシングを使っていたこともあります。 そんな夫ですので、ムダな固定費をたれ流していても気づかないんです……。 夫と暮らしはじめて7ヶ月後に、夫が…

浪費家の夫とお金を貯める

浪費家の夫と貯金するためにはメリハリが必要。「この浪費は許さない!」をまとめてみました

わたしの夫は浪費家です。 独身時代はいつも貯金がなく、クレジットカードのキャッシングを使っていたことさえあります。 結婚してから少しずつ貯金体質になりつつあるものの、気をぬくと浪費体質がピョコッと顔を出します。 夫がスト…

浪費家の夫とお金を貯める

ボーナスからの臨時おこづかい6万円を1ヶ月で使い切った浪費家の夫。その使い道とは?

わたしの夫は浪費家です。 独身時代はいつも貯金ゼロで、クレジットカードのキャッシングを利用していたこともあります。 結婚してからは少しずつ変わりつつあるものの、まだまだ浪費家タイプ。 そんな夫は、今年の夏のボーナスからの…

浪費家の夫とお金を貯める

浪費家の夫と、長期連休(ゴールデンウイーク・お盆・お正月)を楽しく過ごすための家計管理術

わたしの夫は、浪費家。独身時代はいつも貯金がなく、クレジットカードのキャッシングをしていたこともあるくらいです。 そんな夫は、大の連休好き。長期連休になると「せっかくの休みなんだから!」ということで、放っておくとどんどん…

浪費家の夫とお金を貯める

金銭感覚のちがいは結婚生活の大きな障壁?!浪費家の夫と結婚した理由/家計ブロガー企画

『おさいふプラス』のジンさんにお誘いいただき、家計ブロガーのコラボ企画に参加させていただくことになりました。 コラボ企画とは、家計管理・節約ブロガーが同じテーマについて記事を書く企画のこと。 ひそかに憧れていた企画なので…

浪費家の夫とお金を貯める

浪費家のパートナーとお金を貯めるためにはおこづかい制がおすすめ。成功するための3つのポイント

1年で250万円貯めたDINKS時代:浪費家の夫と貯めた方法はお小遣い制。成功のコツは3つ!1.家計全体の予算を見せた上で、お小遣いの金額を議論2.浪費家の方のお小遣いは、可能な限り多く設定3.浪費家の方がお小遣いを使い切らないようにする

浪費家の夫とお金を貯める

浪費家の夫がダイエットのためにジムに通いたいと言い出した!ジムに通うのはお金のムダ使い?

最近、年に1度の健康診断があり、体重の増加を知ってしまったわたしの夫。知ってしまうとメチャクチャ気になるらしく「やせたい!」と意気込んでいます。 そんな夫が出した結論は、「ジムに通いたい」ということでした。 ジムに通うと…

浪費家の夫とお金を貯める

浪費家の夫が家計に協力するようになるためには必須!貯蓄の必要性をしめすカンタンな方法

「夫が浪費家で、家計管理がうまくいかない~(涙)」とお嘆きの方に、ためしていただきたい方法があります。 それは、貯蓄の必要性を数字でしめすことです。 わたしの夫も浪費家で、独身時代は貯金ゼロでしたが、貯蓄の必要性を数字で…

浪費家の夫とお金を貯める

お金を貯めるためには「愛」が必要。夫が家族を愛してくれるためにわたしがしている3つのこと

わたしの夫は独身時代、かなりの浪費家でした。いつもお金がなくて、結婚が決まったときには貯金がゼロ……。 そんな夫ですが結婚後は、おこづかいの範囲内におさめてくれたり、家計から買うものは事前におうかがいを立ててくれたりと、…

浪費家の夫とお金を貯める

浪費家の夫がはじめての「やっぱこれ、買うのやめるわ。」その理由は、意外なことだった!

浪費家の夫は、「使うか使わないか」よりも、「欲しい」という気持ちが勝ってしまい、結局使わないものまで買ってしまいます。そんな夫がはじめて「これ買うのやめるわ」と言ってきました。その理由が、とっても意外なことだったのです!

浪費家の夫とお金を貯める

ギャンブル依存症気味だった夫が結婚後ギャンブルをやめられた理由と、一度リバウンドした理由

わたしの夫は結婚前、ギャンブル依存症気味でした。 ギャンブルをしていなきゃ落ち着かないとか、借金してまでギャンブルをするほどではなかったので、ギャンブル依存症ではありませんでした。 しかし、毎週末パチンコに行き、お金を使…

浪費家の夫とお金を貯める

結婚生活最大の危機を乗り越えてわかった、お金を貯めるために一番大切で、一番難しいこと

最近、夫婦間である事件が起こりました。結婚以来最大の危機で、数日間冷戦状態に。悪いのは全面的に夫で、夫も完全に非を認めているのですが、私も原因の一端だったと思います。その事件をきっかけに、気付いたことがあります。