夫のおこづかいは月5万円。浪費家の夫と仲良く節約できる理由は、おこづかいの金額と使い道

わたしの夫は浪費家。独身時代はいつも貯金がなく、クレジットカードでキャッシングしていたこともあります。

浪費家のパートナーと結婚した方の悩みのひとつは、「パートナーのおこづかい」なのではないでしょうか?

わが家では、おこづかいを月5万円と多めに渡すことで、浪費家の夫と仲良く節約ができています。

ポイントは、おこづかいの金額を多くするだけではなく、おこづかいの使い道の範囲も大きく設定していること。

この記事では、わが家のおこづかいのルールについて説明します。

夫のおこづかいは手取りの1割より多い、月5万円・年間約70万円

わが家の夫のおこづかいは、このように決めています。


・毎月5万円

・年2回のボーナスには手取りの1割(1回約5万円)

年間約70万円


一般的に、おこづかいは手取り収入の1割が目安といわれていますよね。

夫の手取り収入の1割だと3.3万円になりますが、わが家は5万円。目安と比べると大きなお金です。

浪費家の夫のおこづかいの使い道

多くのおこづかいを渡す代わりとして、おこづかいの使い道を大きくしています。

具体的なおこづかいの使い道は、次のとおりです。

1. 家族との外食代やレジャー費

おでかけする親子のイラスト

夫のおこづかいの使い道の1つめは、家族との外食代やレジャー費です。

結婚当初は外食代やレジャー費を家計にふくんで失敗

結婚当初は、外食代やレジャー費を家計にふくんでいましたが、夫婦ともにストレスが溜まりっぱなしでした。

当時は、家計の項目のひとつとしてわたしが管理していたので、夫の要求に対して「このレジャーは高いからやめよう」「今月はもう残りがないから外食はなしね」ということが度々ありました。

そうやって夫の要求を否定するたびに、夫はわたしに不満を持ってしまい、気まずい雰囲気に……。

そこで、夫のおこづかいを増やして、外食代やレジャー費を夫のおこづかいにふくめることにしたのです。

おこづかいの残金を見ながら、自分でやりくりしてくれるようになった

外食費とレジャー費を夫のおこづかいから出すようにしてからは、おこづかいが足りない月は外食をひかえたり安い店で済ませたりと、自分でやりくりしてくれるようになりました。

夫のおこづかいの残金で外食の場所や回数が変わりますが、わたしはワンコインの外食やおうちご飯も好きなので問題ありません。

高額なレジャーは「旅行積立」から出す

日帰り旅行やディズニーランドなど、月5万円のおこづかいではまかなえないレジャー費もありますよね。

高額なレジャーで夫のおこづかいの範囲をこえているものは、別に積み立てている旅行積立から出しています。

わが家の家計管理ルールまとめ。生活費・特別費・旅行積立の3つに分けて管理しています

2017.01.02

2. 絶対に使わない家電や、なくても困らない家電

まったく使わなかったタブレットのイラスト

夫のおこづかいの使い道の2つめは、絶対使わない家電や、なくても困らない家電です。

具体的には、今までにこれらのものを買って欲しがりました。


・2.5万円のXperiaZのタブレット(※iPhone 5Sを持っているのに……)

・2.5万円のスロージューサー

・3万円のBoseのスピーカー


夫が欲しがる家電をすべて家計のお金から買ったら、家計が火の車。

それに夫は全然使わないので、完全に宝の持ち腐れになってしまうんです。

実際、タブレットとスロージューサーはまったく使わなかったのでリサイクルショップで売りましたし、スピーカーはひと月に1・2回しか使っていません。

とはいえ、「使わないから買わないよ」と言うと夫の機嫌をそこねてしまいます。

おこづかいから買ってもらうというルールならば、おこづかいの残りと相談しながら買う・買わないを判断してくれるので、気がラクです。

3. 美容院代

美容院のイラスト

夫のおこづかいの使い道の3つめは、美容院代です。

夫は30代半ばの立派なおじさんなのですが、10代の女子のように繊細なところがあります(笑)

美容院もそのひとつで、1ヶ月半ごとにお気に入りの美容院に通っているんです。

その美容院は、カットとシャンプーだけで1回5,000円……(*_*)

夫のおこづかいの使い道に美容院をいれたことで、おこづかいの残金が少ないときには2ヶ月空けたりしてくれるので、家計全体としては節約になっています。

その他:一般的に「おこづかいから出す」といわれているもの

その他として、一般的に「おこづかいから出す」といわれているものも、夫のおこづかいの使い道にふくんでいます。


・平日の昼食代(※仕事が外回りのため)

・友人へのプレゼント代(※結婚祝い・出産祝いは家計から)

・友人との外食代・飲み会代・交通費(※定期代は会社から支給)

・本、マンガ

・お菓子、飲みもの


まとめ

わたしが浪費家の夫と仲良く節約ができている理由は、おこづかいを多くわたして、おこづかいの使い道を多くしていることです。

浪費家のパートナーとの家計管理にお困りの方は、一度ためしてみる価値はあるかと思います(*^^*)

関連記事

▼浪費家のパートナーとおこづかい制を成功するためのポイント

浪費家のパートナーとお金を貯めるためにはおこづかい制がおすすめ。成功するための3つのポイント

2016.12.09

▼浪費家のパートナーが家計に協力するようになるためには?

浪費家の夫が家計に協力するようになるためには必須!貯蓄の必要性をしめすカンタンな方法

2016.11.11