サポート詐欺(ウイルス感染詐欺)に引っかかってしまった!実際の手口と被害額

2017年1月に、わたしはサポート詐欺(ウイルス感染詐欺)の被害にあってしまいました。

今回は、わたしが引っかかってしまったサポート詐欺(ウイルス感染詐欺詐欺)の手口と被害額についてくわしく書きます。

わたしが被害にあったサポート詐欺の流れ

1. 「accaii.com」にアクセスしてしまう

当ブログは「グーグルアナリティクス」というアクセス解析サービスを利用しています。

グーグルアナリティクスを使って「ブログを訪問してくれたユーザーがどのサイトから来てくれたか?」を見ていたときに、見慣れないアドレスを見つけたんです。

それが「accaii.com」。見慣れないサイトの場合、リファラースパムと呼ばれるものであることが多いので、アクセスしないほうがいいのです。

accaii.comがリファラースパムなのかを調べるために検索しようとしたところ、間違えてアドレスの欄に直接「accaii.com」と入力してしまったんです!

間違えて「accaii.com」を直接入力してしまう

アドレスの欄に直接アドレスを入力しちゃいけませんよね……。「accaii.com」のサイトに飛んでしまったのです。

2. ブザー音がなり、「個人情報が抜き取られた可能性があります」と表示される

サイトに飛んだ途端にけたたましい音がなり、「個人情報が抜き取られた可能性があります。サポートデスクに電話してください」という文面が表示されました。

サポートデスクの電話番号は、03-4578-7525。

自分で「まずいことをした!」という意識があったため、まったく疑わずにサポートデスクに電話してしまったんです。

3. 遠隔操作をしてパソコンを調べ、ウイルス(?)を見せられる

電話をかけると、日本語が堪能な外国人が出ました。

遠隔操作をしてパソコンを調べます」と言われ、OKしてしまいました。

パソコンのキーボードを指示どおりに操作すると、遠隔操作のためのパスワードが出てきて、それを読み上げました。(パスワードはたしか8桁の数字でした)

すると、向こう側から遠隔操作できるようになり、わたしのパソコンを操作してこう言いました。

詐欺師
見てください。すごいウイルスの数ですよね。これは専門家でなければ削除できません。
macchi
わかりました。できれば削除していただきたいのですが……
詐欺師
削除は有料になります。1回きりで12,000円、2年間のサポートがついて25,000円です。
macchi
古いパソコンで、もともと買い替えを考えていたので1回でいいです。

4. クレジットカード決済をして、遠隔操作でウイルスを削除(?)

クレジットカード決済をして、遠隔操作でウイルスを削除してもらうことになりました。

詐欺師
ウイルスの削除が終わったら、こちらから電話をかけます。

画面を見ていると何か操作をしているようでしたが、パソコンに弱いわたしには何をしているのかさっぱりわかりませんでした。

▼登録したメールアドレスに送られてきた領収書です

登録したメールアドレスに送られてきた領収書

5. 遠隔操作が終わっている様子なのに、連絡が来ない

数十分後、ログオフ画面に変わったので、終わったのかな?と思いました。

……ですが、いっこうに連絡がありません

ここで、「あっ、ヤバイ。だまされたのかも?」と気づきました。(←遅い……)

6. サポートデスクの電話番号をグーグルで検索してみると、「ウイルス感染詐欺」

サポートデスクの電話番号をグーグルで検索してみると、「ウイルス感染詐欺」

携帯の発信履歴に残っていたサポートデスクの電話番号を検索すると、ウイルス感染詐欺の電話番号と出てきました。

あーーやってしまったー。大反省です。

サポート詐欺(ウイルス感染詐欺)にあった後の対応3つ

詐欺にあってしまったのは残念ですが、落ち込む前にやることが3つありました。

1. クレジットカードを停止

まずは、クレジットカードを停止しました。クレジットカードの悪用を防ぐためです。

2. ネット銀行やネットショッピングのパスワード変更

次に、ネット銀行やネットショッピングなどのパスワードを変更しました。不正送金や不正な買い物を防ぐためです。

3. パソコンを初期化もしくは買い替え

最後に、パソコンを初期化するか買い替えるかのどちらかです。

「こうなってしまったら買い替えしかない!」と思っていたのですが、Twitterでつぶやいたところ、初期化やハードディスク交換でも大丈夫と教えていただきました。

わたしの場合、もともと買い替えようと思っていたパソコンなので、いい機会だと買い替えることにしました。

サポート詐欺にあわないために、やっておけばよかったこと2つ

1. ウイルス対策ソフトを入れていればよかった

サポート詐欺にあわないためにやっておけばよかったことの1つめは、ウイルス対策ソフトを入れること。

古いパソコンには、ウイルス対策ソフトを入れていなかったのです。(言い訳すると、夫が独身時代から使っているパソコンなので、ソフトが入っていないことを知らなかったのですが)

ウイルス対策ソフトを入れていれば、アドレスを直接入力してしまったときに警告が出たはず

そこでアクセスをやめていれば、けたたましい音がなることも、「個人情報が抜き取られました」というメッセージが出ることもなかったわけです。

反省して、買い替えたパソコンにはウイルス対策ソフトを入れました。

2. サポートセンターに電話する前に、電話番号を検索すればよかった

サポート詐欺にあわないためにやっておけばよかったことの2つめは、サポートセンターに電話する前に電話番号を検索すること。

気が動転していたので、そこまで思いつかなかったのですが、同じ電話番号で被害にあわれた方がいるようです。

サポート詐欺が流行っているようですのでお気を付けください

被害にあってから調べると、サポート詐欺が流行っているようです。

被害にあった翌日に夫が上司に話したのですが、その夜に上司も同じ警告が出たとのこと!それくらい、身近な詐欺のようです。

詐欺にあってからは、しばらく何も信じられなくなりました。実被害だけでなく精神的ダメージも大きいので、皆さまもお気をつけくださいね。

「お金の失敗談」のおすすめ記事

▼会社の先輩にお金を貸したはなし

社会人4年目のとき、会社の先輩に8万円貸しました。お金を貸して学んだこととは

2016.07.23

▼財布を置き忘れたはなし

置き忘れて気づいた、財布の紛失や盗難の怖さ。財布の中身を断捨離しました

2016.06.28



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。