【着画あり】綿100%なのにあたたかい子ども服!冬の公園遊びにはユニクロの「キルトパンツ」がおすすめ

わたしの子どもは今2歳。

1歳手前で公園デビューしてから、公園用パンツはもっぱらユニクロのBABYレギンスと決めています。

動きやすく・値段が安く・汚れがめだたない!公園遊びに最適な子供服は、ユニクロのレギンス

2016.03.25

動きやすくて、肌ざわりもよく、お値段もお手頃なBABYレギンス。

濃いめの色を選べば汚れも目立ちにくいので、まさに公園遊び用パンツにうってつけなんです。

しかし、そんな万能パンツにも、ひとつだけ欠点があります。

それは、生地がうすいので、冬には寒すぎる……ということ。

本格的な冬がやってきて、木枯らしがびゅんびゅん吹くなかでも外で遊びたがる息子。

BABYレギンスではさすがに寒いので冬向けの公園遊び用パンツを探したところ、またまたユニクロで見つけました!

今回は、冬の公園遊び用ズボンにぴったりのユニクロの「BABYキルトパンツ」を紹介します。

着画も公開しますので、購入の参考にしていただければと思います。

ユニクロの「BABYキルトパンツ」が子どもの公園遊びにおすすめな3つの理由

ユニクロのBABYキルトパンツの写真

1. 綿100%なのにあったかい

「あたたかいパンツ」として売られている子供用ズボンは、裏がボアだったりフリースだったりするものばかり。

しかし、ユニクロの「BABYキルトパンツ」は表地・裏地ともに綿100%なので肌ざわりがバツグンなんです。

綿100%だと寒くない?と心配されると思うのですが、中綿(ポリエステル100%)が入っているので、あたたかいです。

肌ざわりはふんわりやわらかで、いわゆるキルティング素材です。

2. 濃いめの色展開で、汚れが目立ちにくい

白などの薄い色のパンツを公園に履いていくと、どろ汚れを丁寧に落とさないと汚れが目立ってしまうので、お洗濯がめちゃくちゃ大変ですよね。

ユニクロの「BABYキルトパンツ」は濃いめの色展開なので汚れが目立ちにくく、お洗濯が楽チンです。


〈色展開〉

・04 グレー
・08 ダークグレー
・57 オリーブ
・67 ブルー

〈サイズ展開〉

・80/90/100センチ


3. 値段が安い!定価1,500円

公園で思いっきり遊ぶと、すれたり破れたりと、劣化が早いですよね。

そんな消耗品レベルの洋服に高いお金を払うのは、わたしはイヤです。

ユニクロの「BABYキルトパンツ」は、定価が1,500円と安いんです。

注意事項

わたしが説明しているユニクロの「BABYキルトパンツ」は、2016年12月16日時点の情報です。

素材や価格などの最新情報は、公式HPでも確認してくださいね。

〈参考〉キルトパンツ(ユニクロ公式サイト)

着画公開!ユニクロのキルトパンツとレギンスで履き比べてみたよ

ユニクロの子ども服(80センチ~100センチ)は、ホルムアルデヒド対策のために袋に入っています。

ありがたいのですが、そのせいで気軽に試着させられないんですよね……。わたしは購入時に困ったので、この記事で息子の着画を公開します。

お持ちの方が多いと思う、ユニクロのBABYレギンスと履き比べてみました。

なお、わが子は身長83cmで、90cmサイズを着ています。

キルトパンツもレギンスもひとつだけ折って着用しています。

後ろから見たとき

まずは後ろ向きの画像から。

▼こちらがキルトパンツ

ユニクロのBABYキルトパンツの着画(後ろ姿)

▼こちらがレギンス

ユニクロのBABYレギンスの着画(後ろ姿)

前から見たところ

▼こちらがキルトパンツ

ユニクロのBABYキルトパンツの着画(前から見たところ)

▼こちらがレギンス

ユニクロのBABYレギンスの着画(前から見たところ)

レギンスと同じサイズを目安に、ぴったりめを買うのがおすすめ

見ていただいてわかるとおり、長さはレギンスと同じくらいで、幅はキルトパンツのほうがレギンスよりもゆったりめです。

レギンスをお持ちの方は、レギンスと同じサイズを買えばまちがいないと思います。

また、キルトパンツは大きめよりもぴったりサイズを選んだほうがいいです。

レギンスはぴったりめなので大きめを買っても動きやすいのですが、キルトパンツはゆったりめなので大きすぎるとダボダボで動きにくそうだからです。

まとめ

ユニクロの「BABYキルトパンツ」は綿100%なのにあたたかく・値段も安く・汚れが目立ちにくいので、冬の公園遊びパンツにおすすめ。

サイズはユニクロの「BABYレギンス」と同じサイズを目安に、大きめよりもぴったりサイズがおすすめです。

〈参考〉キルトパンツ(ユニクロ公式サイト)