2018年ネット年賀状ランキング。少ない枚数の写真付き年賀状をつくるときに、一番安いのは?

わが家にはプリンタがありません。年賀状をつくるときにしかプリンタを使わないので、昨年断捨離してしまったのです。

そこで昨年からは、インターネットの印刷サービスを利用して年賀状をつくっています。

プリントサービスをお願いするときの問題点は、枚数が少ないと単価が高くなる傾向だということ。

わが家は毎年夫婦で30枚くらいしか印刷しないので、ちゃんと比較しないと高くなってしまいます。

そこで、「30枚の年賀状をネットプリントでつくるときに一番安い会社はどこか?」を比較しました。

今回は、写真付き年賀状を30枚つくるときに一番安い会社をランキング形式で紹介します。

▼写真なし年賀状の比較記事はこちら

2018年ネット年賀状ランキング。少ない枚数の写真なし年賀状をつくるときに、一番安いのは?

2017.11.02

1位: GLAM PRINT(グラムプリント)4,280円(12/1までの早割)

写真なし年賀状を30枚作るときに安い会社の第1位は、グラムプリント

12/1までの早割特典を適用すると、30枚で4,280円です。

グラムプリントの料金体系

〈出典〉グラムプリントの公式サイト

グラムプリントの料金は、プリント料金+年賀ハガキ+送料。基本料金や宛名印刷は無料です。

グラムプリントの早期割引特典

〈出典〉グラムプリントの公式サイト

投函代行サービスを使えば送料無料

グラムプリントでは、5,000円未満の注文で送料が515円かかりますが、「投函代行サービス」を使えば送料が無料になります。

投函代行サービスとは、グラムプリントでは注文者に代わってポストに投函してくれるサービスのこと。

裏面にメッセージなどを書かない方は、このサービスが便利でおトクです。

グラムプリントのデザイン

グラムプリントのデザイン

〈出典〉グラムプリントの公式サイト

グラムプリントのデザインは100種以上。シンプルな年賀状やおしゃれな年賀状が豊富です。

逆にスタンダードな年賀状やフォーマルな年賀状はないので、スタンダードなものやフォーマルなものを作りたい方はほかの会社を選ばれるほうがいいです。

グラムプリントの年賀状を作ってみる

2位: しまうまプリント 4,638円(11/26までの早割適用)

写真なし年賀状を30枚作るときに安い会社の第2位は、しまうまプリント

11/26までの早割特典を適用すると、30枚で4,638円です。

しまうまプリントの料金体系

しまうまプリントの料金体系
〈出典〉しまうまプリントの公式サイト

しまうまプリントは基本料金+プリント料金+ハガキ代の合計料金で決まります。送料や宛名印刷は無料です。

しまうまプリントの料金を知りたい方は、公式サイトでの料金シミュレーションが便利。

希望の仕上げ方法や枚数を入力するだけで、すぐに料金がわかりますよ。

▼印刷仕上げ・30枚のシミュレーション(11/26までの早割を適用)

しまうまプリントの料金シミュレーション(写真付き)

しまうまプリントで料金シミュレーションをしてみる

しまうまプリントのデザイン

しまうまプリントのデザイン

〈出典〉≫しまうまプリントの公式サイト

しまうまプリントでは、1,100種類以上のデザインからお好きなデザインを選ぶことができます。

かわいい年賀状やシンプルな年賀状、フォーマルな年賀状まで色々そろっています。

しまうまプリントの年賀状サービスを見てみる



3位: ラクポ(Rakpo) 4,695円(11/26までの早割適用)

写真なし年賀状を30枚作るときに安い会社の第3位は、ラクポ(Rakpo)

11/26までの早割特典を適用すると、30枚で4,695円です。

ラクポの料金体系

Rakpoの料金体系
〈出典〉Rakpo(ラクポ)公式サイト

ラクポの料金は、年賀ハガキ+印刷料金の合計料金で決まります。送料は無料です。

印刷料金は枚数によって異なります。11/26までの早割価格を適用すると、30枚のときの印刷料金は3,285円。

印刷料金(3,285円)+ハガキ代(1,410円)=4,695円となります。

10~40枚のときのRakpoの料金(写真あり)

〈出典〉Rakpo(ラクポ)公式サイト

宛名印刷は有料:1枚27円

ラクポでは宛名サービスが有料で、1枚あたり27円かかります。

宛名を入れてもらいたい方は、ほかの会社を選ぶほうが安くなります。

ラクポ(Rakpo)のデザイン

rakpoのデザイン

〈出典〉Rakpo(ラクポ)公式サイト

ラクポでは約1,500の豊富なデザインからお好きなものを選ぶことができます。

スタンダードなデザインが多いという印象です。

Rakpo(ラクポ)の年賀状サービスを見てみる



4位以下を一気に紹介

写真なし年賀状を30枚つくるときに安い会社の4位以下を、一気に紹介します。

4位:挨拶状ドットコム 5,557円(11/23までの早割)

写真なし年賀状を30枚つくるときに安い会社の4位は、挨拶状ドットコム。

11/23までの早割特典を適用すると、5,557円です。

挨拶状ドットコム

5位:カードボックス(Cardbox)6,700円(12/18までの早割)

写真なし年賀状を30枚つくるときに安い会社の5位は、カードボックス。

12/8までの早割特典を適用すると、6,700円です。

カードボックス(Cardbox)

6位:年賀家族 10,794円(11/24までの早割)

写真なし年賀状を30枚つくるときに安い会社の6位は、年賀家族。

11/24までの早割特典を適用すると、10,902円です。

年賀家族

【2018年最新】写真なし年賀状を30枚つくるときに安い会社


〈写真なし年賀状を30枚作るときに安い会社ランキング〉

1位: グラムプリント 4,280円(12/1までの早割)

2位:しまうまプリント 4,638円(11/26までの早割)

3位:ラクポ(Rakpo)4,695円(11/26までの早割)


多くの会社で早割をおこなっているので、早めに作ったほうがおトクですよ。

ランキング1位のグラムプリントの年賀状サービス

ランキング2位のしまうまプリントの年賀状サービス

ランキング3位のラクポ(Rakpo)の年賀状サービス

関連記事

▼少ない枚数の「写真なし」年賀状を作るときに安い会社のランキングはこちらの記事です

2018年ネット年賀状ランキング。少ない枚数の写真なし年賀状をつくるときに、一番安いのは?

2017.11.02