すべての人がお金を貯められる方法なんて存在しない。「自分に合った」お金の貯め方を見つける方法

「お金を貯めるためにできるだけ早く見つけるべきもの」って、何だと思いますか?

それは、「自分に合った」お金の貯め方だとわたしは思います。

すべての人が貯められる方法なんて存在しない

「●●をすれば貯められる」「××をすれば貯められる」と書いてある本やブログはたくさんあります。このブログもそうです(笑)

でも、そういった本やブログを読むときに勘違いしないほうがいいのは、それはすべての人にとって貯められる方法ではないということです。

むしろ、すべての人がお金を貯められる方法なんて存在しないのです。

たくさんの「これなんか合わないかも」を経験して、自分に合う方法が見つかる

世の中には、たくさんのお金の貯め方があります。


・使ったお金を消費、浪費、投資に分ける

・使う目的ごとにお金を袋分けする

・先取り貯金

・モノを減らして、暮らしを小さくする

・夫の給与だけで生活して妻の給与を貯金

・家計簿をつける

・固定費削減(携帯代・車・家賃など)

・変動費削減(食費・光熱費など)


わたしは約10年間家計管理にとりくんできて、ほとんどぜんぶチャレンジしたことあります。

そして、たくさんの「なんかこれは合わないかも」を経験してきました。

たとえば「消費・浪費・投資に分ける」はどれが消費で浪費なんだか分からなかったし、「袋分け」は袋に分けるのがめんどうくさくなって続きませんでした。

その結果、自分にとって「お金が貯まりやすくなった!」と感じた方法をこのブログで紹介しています。

お金についての議論はたくさんあるけれど、大事なのは「自分はどうなのか?」

「現金がいい」「いやいや、クレジットカードでしょ」など、お金に関する議論はたくさんありますよね。

それはどれが正しいというものではなく、どれも正解なのだとわたしは思います。

大事なのは「自分にとっての正解はどちらなのか?」ということ

「自分に合った」お金の貯め方を早くみつけよう

お金の貯め方はどれも正解ですが、すべてがあなたにとって正解というわけではありません。

このブログに書いてあることが、読んでくださった方にとってのお金が貯まる方法ならとてもうれしいですが、そうでなければ他の方法を試すべきです。

本やブログを読んだだけではお金は貯まりません。

「これ合いそうかな?」と思ったお金の貯め方を、まずは実践してみること。

それが、「自分に合った」お金の貯め方を見つける第一歩です!

関連記事

▼わたしがいつ・どうやってお金を貯めたかをまとめました

独身⇒DINKS⇒専業主婦で貯金歴10年。「いつ・どうやってお金を貯めたか?」をまとめました

2017.04.19

▼わが家の生活費のやりくり方法をまとめました

5週間割りテク(5週間やりくり)は、毎月予算オーバーだったわが家を救った家計管理術

2016.12.20



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。