【予算1,000円】新宿の子連れランチに無印良品の「MUJIカフェ」がおすすめな4つの理由

新宿で子連れランチをするのは、本当にむずかしいです。


〈新宿の子連れランチ事情〉

・ほとんどのレストランは、せまくて入れない

・子連れOKのレストランは、値段の高いお店が多い

・子連れOKのレストランは、激混みのことが多い


それでも、子どもを連れて新宿でランチをとらなければならないときもありますよね。

そんなときにおすすめなのが、Cafe&Meal(カフェ&ミール)MUJI新宿店。(以下、MUJIカフェ)

ここは、広い・安い・あまり混んでいないと3拍子そろった、子連れOKのレストランなのです!

MUJIカフェは、無印良品が経営するカフェで、しっかりとした食事からお茶だけの利用もできます。

今回は、新宿での子連れランチにMUJIカフェがおすすめな4つの理由と、利用時の注意点を紹介します。

MUJIカフェ新宿店が子連れにおすすめな4つの理由

1.店内が広い

MUJIカフェは、新宿で有数の広さです。

店内の様子は、こんな感じです。

▼入口側の席

Ab06eYIZDjOdFFo1471765548_1471765640

▼奥の席(1)

pyXW5Wcg89x0vz_1471765169_1471765481

▼奥の席(2)

1zdvV8sSyqZDS1S1471765724_1471765888

2.予算1,000円でランチが食べられる

新宿で子連れで行けるお店だと、予算1,500円以上のお店がほとんど。

しかしMUJIカフェなら、予算1,000円で大丈夫!

わたしが実際に頼んだメニューがこちらです。

image03
〈わたしが頼んだメニューと価格〉

選べるデリ3品(Hot Deli 1品 + Cold Deli 2品 + パンもしくはご飯):850円

おみそ汁を追加:150円

合計:1,000円

しかも、ご飯の大盛りが無料なので、ご飯を大盛りにして子どもとわけあえば、子どものぶんと合わせて1,000円でいけちゃいます。

〈参考〉メニュー(Cafe&Meal MUJI)

3.化学調味料は最小限、保存料はなし

MUJIカフェでは、素材の味をひきだすために、できるだけシンプルに調理されています。

化学調味料は最小限におさえ、保存料はいっさい使っていないので、子どもに食べさせるのにも安心です。

4.アレルギー表示がしっかりされている

食事メニューには、7大アレルゲン(卵、乳、小麦、落花生、そば、かに、えび)が表示されています。

また、レシピファイルがあるので、アレルギー物質について不安のある場合、店員さんに問い合わせることができます。

すべてのメニューを同一の厨房で調理していますのでご注意ください

MUJIカフェ新宿店を利用するときの2つの注意点

1.たまにすごく混んでいる

今まで4回ほど、MUJIカフェ新宿店を週末に利用したことがありますが、たまにすごく混んでいます。

席が多いので、回転はいいのですが、それでも30分待ち以上。

混雑を回避するためには、開店直後に行かれることをおすすめします。

2.子ども用のイスが少ない

MUJIカフェには、子ども用のイスとしてストッケのトリップトラップとベビーセットが用意されているので、子連れにはとってもありがたいです。

しかし残念なことに3脚しかありませんので、子どもが多いときには使えないことがあります。

わが家では、子どもがベルトのないイスにすわれない間は、キャリフリー チェアベルトを普通のイスにつけていました。

キャリフリー チェアベルトは、ベルトのないイスでも子どもを固定できるので、外食をするときにはとっても便利ですよ。

まとめ


〈MUJIカフェ新宿店が子連れランチにおすすめな4つの理由〉

1.店内が広い

2.予算1,000円でランチが食べられる

3.化学調味料は最小限、保存料はなし

4.アレルギー表示がしっかりされている


新宿でのお手頃な子連れランチをおさがしの方は、ぜひ一度、MUJIカフェ新宿店に行ってみてくださいね。

〈参考〉Cafe&Meal(カフェ・アンド・ミール)MUJI新宿店(無印良品公式サイト)

こちらの記事もおすすめです

新宿でランチするなら、伊勢丹新宿の屋上でのピクニックもおすすめ!子どもが遊べるスポットもありますよ。

新宿での子連れランチに、伊勢丹本店の屋上でピクニックはいかが?子どもを遊ばせるのにも最適

2016.05.05