4回目の結婚記念日。2年半ぶりにスマホなし・タブレットなし・夫婦だけでランチをしてみて

先日、わが家は4回目の結婚記念日を迎えました。

当日は平日だったので何もしませんでしたが、週末に義母に息子を見てもらい、気になっていたイタリアンレストランに行ってきました。

家を出るときに「タブレットとWifi持った?」と夫に聞くと、「今日はやめとくわ」とのこと。

タブレット中毒ともいえる夫にとって、これはものすごーく珍しいことなんです。

思えば子どもが生まれてから2年半、スマホやタブレットを持たないで、子どもなしでランチをしたことなんてはじめてです。

今回は、2年半ぶりのスマホなし・タブレットなし・夫婦だけでランチをしてわかったことを書きます。

久しぶりだと、ドキドキして話せない

「毎日会っているのに、なんで?!」って思われるかもしれませんが、最初は緊張してしまいました……。

友達に久々に会うと、ドキドキしてなんだかうまくしゃべれないってことありますよね?

それと同じ感覚でした。

ふだんどれだけ子どもが家族の中心にいるかを、実感しましたね。

緊張がほぐれてくると、話したいことが次から次へ

イタリアンレストランで食べたピザ

レストランに着き、ふだん来れないお店の雰囲気にワクワクしているうちに、だんだん緊張もほぐれてきました。

すると……話したいことが、次から次へと出てくるんです

わたしたち夫婦は仲はいいのですが、核心をつくような会話はしない傾向にあります。

夫は自分の感情を外に出さない人ですし、わたしは口で自分の気持ちを伝えるのがニガテなんです。

最近見たテレビや、ヤフーニュースのことなど・・どうでもいいことはたくさん話すんですが(苦笑)

夫はこのブログやTwitterのつぶやきを読んで、わたしが考えていることを理解しているくらいです(笑)

でも本当は夫にしたい相談や、夫だけに聞いてもらいたいことがたくさんあるんです。

スマホやタブレットがないと、話しかける側の気持ちがまったく違う

イタリアンレストランで食べたパスタ

夫は、たくさんのことを同時にできる人です。

たとえば、テレビを見ながらタブレットでゲームをしていても、テレビの内容を理解しています。

だからタブレットを触っている夫に話しかけても、わたしのはなしを理解していることはわかっているんです。

でも、夫がタブレットを使っているかどうかで、話しかけているわたしの気持ちはまったく違います

夫がタブレットを使っているときは、夫の興味のありそうな話題をふる

夫がタブレットを使っているときは、夫の興味のありそうなことばかりを話しかけます。

結婚当初、夫の興味のないことを話しかけたときに適当な返答をされて、何度もショックを受けたので、興味のない話題をだんだんと避けるようになりました。

夫がタブレットを使っていないときは、自分が話したいことを話す

一方、夫が何もしていないときには、自分が話したいことを優先して話します!

だって、目の前にはわたししかいないのだから、否が応でもわたしと真剣に話してくれますからね。

わが家ではタブレットを持たずに会話をした結果、たった1時間のランチで、お互いに自分だけで悩んでいたことを共有できて、ひとつの方向性が見えてきました。

たまにはスマホやタブレットを持たずに、出かけてみるのはどうですか?

イタリアンレストランで食べたデザート

スマホやタブレットの中毒性ってすごいですよね。

わたしもかなりのパソコン中毒なのでわかりますが、持っているのに使っちゃいけないという状況はすごくイライラします。

だからたまには、スマホやタブレットを持たずに出かけてみてはどうでしょうか?

わが家のように、毎日顔を合わせている相手とでも、思いがけないはなしができるかもしれませんよ。

関連記事

▼わたしはスマホとタブレットを断捨離しました

スマホ・タブレットを断捨離。断捨離してよかった4つのこと

2017.07.04



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。