投資信託の売却タイミング。金融リテラシーゼロの夫が将来困らないように計画している2つのこと

わが家は、インデックス投資という投資法で、定期的に投資信託を買っています。

購入するのはとってもカンタン。とくに国内の投資信託は、一度金額を設定すれば毎月自動的にお金が引き落とされるしくみがあるので、まさにほったらかし投資です。

ただ、問題は将来のこと。投資信託は売却して現金化しなければ、必要なものやサービスを購入することはできません。

わたしがピンピン元気なうちはいいですが、問題はわたしが先に亡くなったときや、正しい判断ができなくなったとき。

わたしの夫は、ガチで金融リテラシーがゼロなんです……。

今回は金融リテラシーゼロの夫が将来困らないために、わたしが計画している2つのことについて書きます。

1. 子どもに金融教育をほどこす

子どもに金融教育をほどこす

夫が困らないためにわたしが計画していることの1つめは、子どもに金融教育をほどこすことです。

そもそも金融リテラシーとは、次の4つから成り立ちます。


1.家計管理

2.生活設計(ライフプランニング)

3.金融知識及び金融経済事情の理解

4.外部の知見の適切な活用(本・ブログ・セミナーなど)

〈参考〉最低限身に付けるべき金融リテラシー(金融庁)


自画自賛ですが、上の4つはわたしの得意分野です。

子どもが自立するまでの約20年間で、これらの知識を身に付けられるようにはなしをしたいと思います。

夫は「お金に対する興味」がないので、金融教育をほどこせない

「子どもに金融教育をする前に、夫にすればいいのでは?」と思われた方もいるかもしれませんね。

わたしも最初はそう考え、結婚してから4年間、夫の金融リテラシーを高められるように色々なはなしをしてきました。

しかし、これは非常にむずかしいことだと結論づけました。

夫には「お金に対する興味」が決定的に欠落しているからです。

子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!―脳を鍛える10の方法 (幻冬舎新書)』によると、人間は興味がないことに対して、どうしても理解が深まらないという性質を持っています。

脳は情報を受け取ると、まず「A10神経群」と呼ばれる部分で情報に対して「好きだ」「嫌いだ」「興味がある」というレッテルをはることがわかっています。(略)

「好きだ」「興味がある」といった、プラスのレッテルをはられた情報は、しっかりと理解でき、思考が深まり、覚えやすいのです。

一方、「嫌いだ」「興味がない」というレッテルをはられた情報は、理解が浅く、思考も深まらず、記憶もしづらいということになります。

(『子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!―脳を鍛える10の方法 (幻冬舎新書)』)

4年間夫にお金のはなしをしてきて、わたしはこのことを痛感しています。

夫はいまだに「投資信託とは何か?」すら理解していない

夫はとくに投資のはなしに興味がないようで、後でわたしが「〇〇ってどういうことかわかった?」と聞いても、まったく答えられないのです。

夫はいまだに、「投資信託とは何か?」すら理解していません( ;∀;)

夫はすでに大人になっており、興味のあり・なしが決まってしまっています。

そういう夫に金融教育をほどこすよりも、子どもにほどこすほうが、金融リテラシーを身に付けさせられる可能性が高いと考えます。

今は子どもが1人ですが、できればもう1人欲しいと考えています。

2人いれば、どちらか1人くらい興味を持ってもらえるんじゃないか?と期待しています。(もちろん、そのために2人目を望んでいるわけではありませんが)

もし、子どもにある程度の金融リテラシーを身に付けさせることができれば、このブログを読みながら運用・売却してもらえるでしょう。

2. できるだけ投資信託の商品数を減らしておく

夫が困らないためにわたしが計画していることの2つめは、できるだけ投資信託の商品数を減らしておくことです。

具体的には、65歳くらいで1つのバランスファンドを残して他は売却しようと考えています。

わが家は現在、次の投資信託を保有しています。


・セゾン投信(株式:債券=50:50のバランスファンド)

・確定拠出年金(先進国株式100%のインデックスファンド)

・VWO(新興国株式100%の海外ETF)

MAXISトピックス上場投信(日本株式100%の国内ETF)

・VT(株式100%の海外ETF)


現時点での売却計画

現時点での売却計画は次の通りです。

投資信託の売却計画

1. セゾン投信:45歳くらいで売却

子どもの教育費(もしくは家の購入費用)を払うために売却する予定です。

具体的には、子どもが12歳のころから売却を検討します。

児童手当をセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに投資して教育費を貯める具体的な方法

2016.10.27

2. 確定拠出年金・VWO・MAXISトピックス:65歳くらいで売却

先進国株式100%で運用している確定拠出年金とのバランスをとるために、VWOとMAXISトピックスを購入しています。

そのため、確定拠出年金を引き出す60歳~70歳のタイミングで、VWOとMAXISトピックスも売却したいと考えています。

3.VT:最後まで残したい

現時点で、最後に残したい投資信託はVTです。

VTは、米国株式市場に上場している投資信託(=海外ETF)のひとつ。

全世界の大型・中型・小型株で構成される「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」との連動をめざすETFで、資産配分は世界の株式市場の時価総額にあわせて決まります。

そのため、これ1本で世界の株式市場を丸ごと買える投資信託です。

経費率(手数料)が0.11%と非常に安いことや、年2回分配金が出されることなど、わたしが長期保有したい条件にピッタリなんです。

VTだけにしたら、「毎年〇%ずつ売却してね」と残そうと思います。3~4%くらいかな……。

年老いてから海外ETFを売却するのはむずかしいかも

VTを最後に残すことについて、懸念事項もあります。

それは、海外ETFは売却が面倒なため、年老いてから保有するのはむずかしいかもしれないことです。

そのため、わたしが老後を迎えるころには、VTのような経費率の低いバランスファンドが国内でも出てくるといいなと期待しています。

65歳まではまだ30年以上あるので、条件にあった国内のバランスファンドが出てきたら、乗り換えたいです。

もし投資環境が劇的に変化しなければ、70歳くらいで現金化することも念頭にいれておかないといけないですね。

まとめ


〈金融リテラシーゼロの夫が将来困らないために計画していること〉

1.子どもに金融教育をほどこす

2.最後はひとつのバランスファンドにしぼる

※現時点ではVTが有力。でも本当は、国内のバランスファンド1本にしたい


もしわたしが突然亡くなってしまったら……、夫にはこの記事を読んでがんばってもらいたいです。

わたしが考えるきっかけをくれた記事を紹介

そもそもわたしが将来のことについて、考えるきっかけをくれた記事があります。

それは『ピヨママの投資と家計と子育てと』を運営されているピヨママさんの記事です。

大切な気づきをくれた記事なので、こちらも合わせて読んでいただければと思います。

〈参考〉リスク資産の終活を考えてみた (『ピヨママの投資と家計と子育てと』)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。