【家計簿公開】30代、年収700万円、3人家族。2017年の旅行積立の収支

リアルではなかなか聞けないお金のはなし。

でも、ほかの家庭が「何にどれくらい使ってるの?」「毎月どれくらい貯蓄してるの?」って、気になっちゃいますよね。

当ブログ『家族みんなが笑顔で貯金♪』では、わが家のお金事情を公開しています。

この記事では、2017年1月~8月の旅行積立の収支を公開します。

家族構成・年収・家計管理ルール

家計簿を公開するにあたり、家族構成・年収・わが家の家計管理ルールを先に説明します。

家族構成

サラリーマンの夫(33歳)・専業主婦のわたし(33歳)・2歳の子どもの3人家族。

東京都在住の転勤族です。

給与・収入

給与

夫の給与は、家賃(5万円)を天引き後、手取りで月28万円くらい。

児童手当をひと月あたり1.5万円もらっているので、毎月の収入の合計は29.5万円くらいです。

年収

2015年は税込み650万円、2016年は税込み680万円でした。

わが家の家計管理ルール

わが家では、生活費・特別支出・旅行積立の3つで家計管理しています。

今回は、このなかの「旅行積立」について公開します。

旅行積立は、泊まりの旅行や高額なレジャーを支払うためのお金。

財源はETFの分配金やボーナスの残り、REXカードのキャッシュバックなどの臨時収入です。

旅行積立だけを分けて管理している理由については、こちらの記事でくわしく書いています。

わが家の家計管理ルールまとめ。生活費・特別費・旅行積立の3つに分けて管理しています

2017.01.02

旅行積立の収支〈2017年前半〉

2月:トーマスランドへ日帰り旅行など

・収入:国内ETF(MAXISトピックス)の分配金が入金。

・支出:家族で富士急ハイランドにあるトーマスランドへ。

レンタカー代・入場料・昼食代などをあわせて、合計28,013円かかりました。

そのうち、20,000円は夫のおこづかい積立から支払い、残りの8,013円を旅行積立から支払いました。

トーマスランドは、平日だったからか、とってもすいていました。

ほとんど並ばなくていいので、小さな子どもを連れていくのにおすすめです。

3月:ETFの分配金が入金

・収入:海外ETF(VWO)の分配金が入金。

4月:ETFの分配金が入金

・収入:海外ETF(VT)の分配金が入金。

5月:1泊2日の群馬旅行

・支出:1泊2日で群馬県へ旅行。


〈内訳〉

・ホテル代:35,300円(※楽天ポイントを5,000ポイント使用後の金額)

・交通費(レンタカー・高速代・ガソリン代):28,944円

・その他:7,734円

→合計:71,978円


群馬県・猿ヶ京温泉の「猿ヶ京ホテル」を子連れ目線で5つの視点からレポート

2017.05.05

子連れでも入りやすく、おいしい水沢うどんが食べられる「大沢屋 第二店舗」に行ってきました

2017.05.05

6月:ボーナスやETFの分配金を旅行積立に回す

・収入:2017年夏のボーナスから、8万円を旅行積立に回しました。

・収入:海外ETF(VWO)の分配金が入金。

旅行積立の収支〈2017年後半〉

7月:アクアパーク品川の年パスを購入など

・収入:海外ETF(VT)・国内ETF(MAXISトピックス)の分配金が入金。

・支出:アクアパーク品川へ。年間パスポートを買ってしまいました!

2回行けばもとが取れて、3回行けばおトクになるので、お近くなら年間パスポートの価値ありです♪

▼アクアパーク品川の料金(2017年7月現在)

〈出典〉ご利用料金(アクアパーク品川公式サイト)

イルカショーでは、2歳の子どもが目をキラキラさせて見ていたので、とてもうれしかったです。

家に帰ってからも、「いるかさん みにいった。たのしかった またいきたい」としきりに話していました^^

まとめ・コメント

息子がめちゃくちゃ楽しんでくれたので、7月のアクアパーク品川は大満足!

このときから息子が水族館にハマり、8/22現在で3回も行ってしまったので、すでに年パスのもとは取れました♪

自分がお金を使いたいときにはおしみなく使うことで、家計管理が楽しくなると思います。

こちらの記事もおすすめです

わが家の家計簿は、こちらのカテゴリで公開中!

ちょっと気になるほかの家庭の家計簿を、のぞき見していってくださいね^^

30代、子育て中の家計簿公開



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。