転勤族のわが家が、子どもの教育費で支出が増えても、お金を貯め続ける方法

わが家の状況をカンタンにまとめると、こんな感じです。


転勤族のため、すぐには家を買えない。

子どもが幼いため、教育にお金がかかるのはまだまだ先。

老後まではまだ、30年以上もある。


そのため、これから住宅・教育・老後資金を貯めなければなりません。

わが家は、住宅・教育・老後資金のために1年間で約130万円資産を増やす必要があります

1年間で130万円ということは、1ヶ月11万円くらい。

正直、今の家計なら、そんなに難しくありません。

しかしこの先、わが家が資産を増やし続けるためには、教育費の増加という大きな課題があります。

今回は、転勤族のわが家が、子どもの教育費で支出が増えても、お金を貯め続ける方法について、わたしの考えを書きます。

教育費によって、支出がいくら増える?

わが家は、大学進学のための費用として、教育資金を1,000万円貯めることを目標にしています。

一方、幼稚園~高校でかかる費用や、習い事・塾などの費用は、生活費のなかから出したいと思っています。

それでは、教育費によって、毎月の支出がいくら増えるのでしょうか?

習い事や塾などをふくめた年間教育費の平均を、まとめてみました。

〈参考〉子供の学費・教育費(幼稚園~大学卒業)の平均はいくら?(育ラボ)

幼稚園

・公立:230,100円

・私立:487,427円

小学校

・公立:305,807円

・私立:1,422,357円

中学校

・公立:450,340円

・私立:1,295,156円

高校

・公立:386,439円

・私立:966,816円

わが家の教育プラン

親の希望としては、高校までは公立に行ってほしいと思っています。

転勤族なので、転勤先によっては、中学受験が必要かもしれませんが・・。

仮に高校まで公立の場合、平均で年間23万円~45万円の支出増、つまり月2万~4万円の支出増になります。

月2万~4万円の支出増への対策

子どもの教育費で支出が増えても、お金を貯め続けるためには、月2万~4万円の支出増にどう立ち向かうか?が問題ということになります。

お金の増やすには、3つしか方法はありません。


1.収入を増やす

2.支出を減らす

3.資産運用


わたしはこの中で、1.収入を増やすを選びます。

支出を減らすのは、もちろんチャレンジし続けます!

でも、今の家計から月3万円減らすのは、正直きびしい。

資産運用は、長期保有でゆっくり増やすインデックス投資を選択しているため、短期間で利益を確定するつもりはありません。

月3万円収入を増やす方法

月3万円なら、東京に住んでいれば、パートに出たり、短期の派遣に数日行けば、稼げる金額です。

しかし、地方はそうでない場合もあります。

わたしは、2008年から5年半、長野県に住んでいました。

当時はリーマンショック後だったことも影響しているでしょうが、たまたま見かけたアルバイト雑誌に掲載されている仕事の数が、とても少ないんです。

東京に住んでいた学生時代は、たくさんの仕事からアルバイトを選べていたので、そのギャップにビックリしました。

在宅ワークは転妻にぴったりの働き方

わが家は転勤族なので、今は東京に住んでいますが、この先仕事の見つかりにくいところに転勤する可能性もあります。

そう考えたとき、もっと在宅ワークにチャレンジしたいという気持ちがわいてきました。

今は、ブログしかやっていないし、収益は月3万円にはほど遠いです。

しかし、ブログをもう少しがんばって、他の在宅ワークもすれば、月3万円は夢じゃないかな?というところ。


東京にいる間は、パートで。

地方に行ったら、ブログ+他の在宅ワークで。


その可能性を探るために、ブログをもう少しがんばってみます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。