【銀行口座の断捨離】東京三菱UFJ銀行と新生銀行の口座を解約して口座を8つ⇒5つにしました

「キャッシュカードがごちゃごちゃして、どれがどれだかわからない!」

こんなお悩みをお持ちなら、銀行口座が多すぎるのかもしれません。

今わたしが管理している銀行口座はぜんぶで5つですが、一番多いときには8つも銀行口座を持っていました。

通帳やキャッシュカードを探すだけでも一苦労だったので、必要な口座をしぼってその他は断捨離することに決定!

新生銀行(夫・妻)と東京三菱UFJ銀行の口座を断捨離して、口座を8つから5つに減らしました。

今回は、断捨離した銀行口座と、断捨離後のわが家の口座一覧を公開します。

断捨離した銀行口座

東京三菱UFJ銀行(夫)⇒家計のメインバンクにまとめた

東京三菱UFJ銀行の口座は、児童手当の振込み先に使っていました。

児童手当の振込先は家計のメインバンクである住信SBIネット銀行に変更して、東京三菱UFJ銀行の口座は解約しました。

新生銀行(夫・妻)⇒定期預金のメインバンクにまとめた

夫・妻ともに、2週間満期預金のために新生銀行の口座を持っていました。

数年前に口座を開設したときの金利は0.30%でしたが、昨今のマイナス金利の影響で、新生銀行の2週間満期預金の金利は0.05%。(※2017年8月28日現在)

一方、わが家が定期預金のメインバンクとしているオリックス銀行の場合、2週間定期預金の金利は0.10%と新生銀行よりも高いのです。(※同じく2017年8月28日現在)

そのため、2週間定期預金はオリックス銀行にまとめ、新生銀行の口座は解約することにしました。

断捨離してすっきりしたわが家の銀行口座一覧

1. 住信SBIネット銀行(夫): 家計のメインバンク

夫の住信SBIネット銀行の口座は、わが家の家計管理のメインバンク。

クレジットカードの引き落としや児童手当の振込先など、すべてを夫名義の住信SBIネット銀行にまとめています。

転勤族におすすめの銀行は住信SBIネット銀行。転勤族であるわが家の徹底活用術

2017.06.13

2. 住信SBIネット銀行(妻):ネット収入用の口座

わたしの住信SBIネット銀行の口座は、わたしのネット収入用の口座です。

【ブログ運営】1年3ヶ月でようやく収支がプラスに。今後のネット収入の家計への反映について

2017.07.08

3. みずほ銀行(妻):防災対策用の口座

すべてのお金をネット銀行にあずけると、災害などのさいに困る可能性があります。

そのため、一部を防災対策としてみずほ銀行にあずけています。

ものだけじゃなく、お金の防災対策も必要。災害時に使えるお金はありますか?

2016.04.16

4. オリックス銀行(夫):定期預金のメインバンク

定期預金のメインバンクは夫のオリックス銀行の口座です。

オリックス銀行の金利は安定的に高いので、定期預金が満期になっても、同じ口座で定期預金を作り直すだけでいいところが便利。

キャンペーンで他の銀行の金利が0.05~0.10%くらい高いときもありますが、キャンペーンのたびに預け替えるのは面倒なんですよね……。

オリックス銀行の定期預金を見てみる

5. オリックス銀行(妻):定期預金のサブバンク

妻のオリックス銀行は定期預金のサブバンクとして使っています。

おもに独身時代にわたしが貯めたお金を貯蓄しています。

まとめ

銀行口座を断捨離したことで、口座が8つ⇒5つに減りました。

それにより、これだけのものが断捨離できてすっきりしました。


〈断捨離できたもの〉

・三菱東京UFJ銀行(夫):通帳・キャッシュカード・ネットバンキング用のカード

・新生銀行(夫):キャッシュカード・ネットバンキング用のカード

・新生銀行(妻):キャッシュカード・ネットバンキング用のカード


銀行口座の断捨離をしたことで、キャッシュカードなどの管理がラクになりましたよ(*^^*)

関連記事

▼わが家のメインバンクは住信SBIネット銀行。イチオシの銀行です

転勤族におすすめの銀行は住信SBIネット銀行。転勤族であるわが家の徹底活用術

2017.06.13



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。