電車やバスでのお出かけにおすすめのマザーズバッグはリュック!おしゃれなママ愛用のブランド3つ

出産準備のひとつとして、気になる「マザーズバッグ」。

「そもそも、マザーズバッグって必要?」と思われる方もいるかと思いますが、個人的にはマザーズバッグは必要だと思います。

ただし、電車やバスでのおでかけが多い方には、トートタイプや肩かけタイプのマザーズバッグはおすすめしません。

わたしがマザーズバックとしておすすめするのは断然リュックです。

今回はリュックがおすすめな理由と、身近なおしゃれママがマザーズバッグとして愛用しているリュックのブランドを3つ紹介します。

トートタイプや肩かけバッグをおすすめしない理由

電車やバスでのおでかけが多い場合、子どもが小さいときにはベビーカーよりも抱っこひもでお出かけする機会が多くなります。

車内混雑しているときにベビーカーだと気まずいですし、都心はエレベータが少ない駅も多いからです。

トートバッグ+抱っこひもは肩こりになる

抱っこひもで子どもを抱えながら、トートタイプのマザーバッグを持つのはとても重いです。

生まれたときは3kgくらいしかない子どもも、生後4ヶ月くらいには7kgくらいまで一気に大きくなります。

7kgの子どもを抱っこしながら、哺乳瓶やオムツなどがたくさん入ったトートバッグを肩からさげると、すぐに肩こりになってしまいます。

肩かけバッグ+抱っこひもは首がしまって苦しい

肩かけバッグと抱っこひもを同時に使うと、肩かけバッグのひもで首がしまって苦しいです。

抱っこひもと肩かけバッグを併用するときには、先に肩かけバッグをつけてから抱っこひもをつけます。

すると、本来肩かけバッグのベストポジションである肩の位置に抱っこひもがくるので、肩かけバッグのひもが首のほうに追いやられます。

その結果、首がしまって苦しくなってしまうのです。

おすすめのマザーバッグは断然リュック

電車やバスでのおでかけが多い方におすすめのマザーバッグは、断然リュックです。

公園や支援センターでも、8割くらいのママがリュックを使っています。

自分の前に子ども・自分の後ろにリュックだと、バランスが取れて重さを感じにくくなります。

また子どもが歩けるようになったら、子どもの安全を守るために親が両手を開けておくべきなので、リュックは便利です。

おしゃれなママ愛用のリュックブランド3つ

公園や支援センターでよく見かける、おしゃれなママ愛用のリュックのブランドを3つ紹介します。

ファッション的にリュックは無理!という方でなければ、マザーバッグにはリュックが断然おすすめなのでぜひ検討してみてくださいね。

1. フレドリックパッカーズ

おしゃれなママ愛用のリュックのブランドの1つめは、フレドリックパッカーズのリュック。

シンプルな服やキレイめの服を着ているママが使っていることが多いです。

2. マリメッコ

おしゃれなママ愛用のリュックのブランドの2つめは、マリメッコのリュック。

わたしの周りでは、かわいい服やカジュアルな服を着ているママが使っています。

3. アネロ

おしゃれなママ愛用のリュックのブランドの3つめは、アネロのリュック。

わたしの周りで一番よく見かけるのが、このアネロのリュックです。

まとめ

電車やバスでのお出かけが多い方のマザーズバッグはリュックがおすすめです。

わたしは子どもが生まれるまでリュックを使っていませんでしたが、今ではリュック以外考えられないくらい便利で気に入っています。

上で紹介したとおりおしゃれなリュックも多いので、お好みのものを探してみてくださいね☆