運用指図者の専業主婦は、加入者に変更して掛金を拠出したほうがいいの?に答えます

2017年1月1日から、今まで個人型確定拠出年金(iDeCo・以下、イデコと書きます)の運用指図者だった方も、加入者になって掛金を拠出できるようになりました。

この記事では、「運用指図者で専業主婦の方(税金を納めていない方)」は加入者に変更して掛金を拠出すべきか?について説明します。

▼ほかのタイプに当たる方は、こちらの記事で該当のタイプをお探しください

会社員・自営業・公務員・専業主婦。「iDeCo(イデコ)に加入するのはおすすめ?」タイプ別にまとめました

2017.09.27

運用指図者とは?

運用指図者とは、掛け金は拠出できずに「運用を指図する」だけの方のこと。

「運用を指図する」とは資産を売却して、金融商品を購入しなおすこと(=スイッチング)ができるという意味です。

なお、確定拠出年金は60歳になるまで資産を引き出すことはできません。

次の3つのいずれかに当てはまる方は、運用指図者のはず

次の3つのいずれかに当てはまる方は、運用指図者になっているはずです。

今回は、3番に当てはまる方向けの記事です。


1. 以前に勤めていた会社で企業型確定拠出年金に加入していたが、転職後に企業型確定拠出年金がなかった

2. 以前に勤めていた会社で企業型確定拠出年金に加入していたが、退職して自営業をはじめた

3. 以前に勤めていた会社で企業型確定拠出年金に加入していたが、退職して専業主婦(夫)になった


▼1番・2番に当てはまる方は、こちらの記事をご参照ください

運用指図者の会社員・自営業・公務員の方は、老後資金を貯めるためなら加入者に変更するのがおすすめ

2017.02.11

運用指図者は金融機関えらびが一番大事

運用指図者になった方は、金融機関の選択が一番大事です。ここを間違えると、大きく損をします。

こちらの記事でくわしく説明していますが、楽天証券かSBI証券がおすすめです。

個人型確定拠出年金の運用指図者は、必読!手数料・おすすめの金融機関・移換時期などのまとめ

2017.10.02

運用指図者は、運用指図者のままか?加入者に変更するか?をえらべる

運用指図者ができることには、次の2つがあります。


1. 運用指図者として、企業型確定拠出年金のときの資産を運用する

2. 加入者に変更して、新たに掛金を拠出する


この記事では、2番にしぼって書きます。1番の場合については、こちらの記事で書いています。

個人型確定拠出年金の運用指図者は、投資信託で資産運用するべき?それとも定期預金を選ぶべき?

2017.01.04

なお、税金を納めていない運用指図者の場合、基本的には1番の「運用指図者として資産を運用する」ほうがおすすめです。

運用指図者の専業主婦が、加入者に変更するメリット・デメリット

運用指図者の専業主婦が、加入者に変更するメリット

本来運用指図者が加入者に変更することには、2つのメリットがあります。


1. 掛金が全額所得控除されるため、所得税・住民税が安くなる

2. 運用益が非課税(通常、運用益には約20%の税金がかかるが、確定拠出年金だと税金がかからない)


しかし、専業主婦は所得がないので、専業主婦の運用指図者が加入者に変更するメリットは2番の「運用益が非課税」だけになってしまいます。

確定拠出年金は、投資信託などの金融商品で運用します。

資産運用して運用益が出た場合、通常は運用益の約20%の税金が取られますが、確定拠出年金で出た運用益については税金がかかりません。

運用指図者の専業主婦が、加入者に変更するデメリット

運用指図者の専業主婦が加入者に変更することには、2つのデメリットがあります。


1. 60歳まで引き出せない

2. 運用指図者よりも手数料がかかる(年額最低1,236円)←重要!


運用指図者の専業主婦は、加入者に変更するべきなの?

「運用指図者の専業主婦が加入者に変更するべきかどうか?」は、あなたがどのタイプに当てはまるかによって決まります。

下記1番~3番のなかで、当てはまる項目をお読みください。

1. 投資をするつもりがない専業主婦⇒加入者に変更してはいけない

投資をするつもりがない運用指図者の専業主婦の方は、加入者に変更するべきではありません。

理由は、加入者に変更して掛金を拠出する場合には、運用指図者でいるよりも手数料がかかるからです。

掛金を拠出するとは、掛金を払うという意味。

毎月決められた額を積み立てていくので、先取り貯金や積立投資みたいなものと考えていただくとわかりやすいです。

2. 投資したい専業主婦&ご主人がイデコに加入できる方⇒ご主人がイデコに加入

運用指図者の専業主婦の方が投資をしたくても、ご主人がイデコに加入できるなら、ご主人が加入したほうがいいです。

理由は、ご主人なら2つのメリットを活用できるからです。


1. 掛金が全額所得控除のため、所得税・住民税が安くなる

2. 運用益が非課税(通常、運用益には約20%の税金がかかるが、確定拠出年金だと税金がかからない)


ご主人がイデコに加入できるかどうかは、会社の規定によります。くわしくは、こちらの記事で書いています。

会社員・自営業・公務員がiDeCo(個人型確定拠出年金)に加入するメリット・デメリット

2017.02.09

3. 投資したい専業主婦&ご主人がイデコに加入できない(もしく加入済で限度額まで拠出している)

夫がイデコに加入できない場合(もしくは加入済みで限度額まで掛金を拠出している場合)、投資をしたいならイデコに加入することにメリットがあります。

このケースの方は、次のどれに当てはまるかを確認してください。

①60歳まで残りの年数が少ない専業主婦⇒加入者に変更するのはおすすめしない

60歳まで残りの年数が少ない運用指図者の専業主婦の方には、加入者に変更することをおすすめしません。

なぜなら確定拠出年金は、一時金で受け取る場合、60歳で掛け金の拠出を終了し、70歳までに引き出さなければならない(70歳で運用終了)からです。

確定拠出年金は、一時金ではなく年金形式で受け取る方法もありますが、一時金で受け取る方が多いので、ここでは一時金に限って説明しています。
このケースの方は、イデコではなくNISA口座で運用するほうがおすすめです。

ネット証券でNISA口座を開けば手数料はかかりませんし、譲渡益や配当が最高10年間非課税だからです。

2018年1月からはつみたてNISAがはじまります。つみたてNISAだと最高20年間非課税になります。

②NISAを利用していない専業主婦⇒加入者に変更するのはおすすめしない

NISAを利用していない運用指図者の専業主婦の方にも、加入者に変更することをおすすめしません。

なぜなら、加入者に変更して掛金を拠出する場合、運用指図者でいるよりも手数料がかかるからです。

投資は必ず増える保証のある資産運用ではありませんが、手数料は確実に発生するマイナスです。

NISAならば手数料はかかりませんし、譲渡益や配当が最高10年間非課税です。

2018年1月からはつみたてNISAがはじまります。つみたてNISAだと最高20年間非課税になります。

③NISAを利用している専業主婦⇒老後資金を貯めるためなら加入者変更にメリット

すでにNISA口座を利用している運用指図者の専業主婦の方は、老後資金を貯めるという目的なら加入者に変更することにメリットがあります。

ただし忘れていけないのは、掛け金を拠出するためには最低1,236円(年額)の手数料がかかること。

投資は必ず増える保証のある資産運用ではありませんが、手数料は確実に発生するマイナスです。

手数料以上の運用益を出す自信のある方に、加入者への変更をおすすめします。

まとめ

加入者に変更することをおすすめする運用指図者の専業主婦の方は、5つの条件をすべて満たす方だけです。


1. 夫が個人型確定拠出年金に加入できない(もしくは加入済で限度額まで拠出している)

2. 60歳までの年数がじゅうぶんにある

3. 老後資金を作る目的で投資したい

4. NISA口座を利用済である

5. 手数料以上の運用益を出す自信がある


ちなみにわたしも運用指図者の専業主婦ですが、掛金を拠出せずに、もともとの資産を運用しているだけです。

「加入者に変更しようかな?」と思っている方は、『一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門』をお読みになることをおすすめします。

確定拠出年金は受け取り方などが少し複雑なのですが、こちらの本では細部まで丁寧に説明されているので、とても参考になりますよ。

関連記事

▼運用指図者にとって一番大事なのは金融機関えらびです

個人型確定拠出年金の運用指図者は、必読!手数料・おすすめの金融機関・移換時期などのまとめ

2017.10.02

▼運用指図者はもともとの資産を運用すべきか?について書いています

個人型確定拠出年金の運用指図者は、投資信託で資産運用するべき?それとも定期預金を選ぶべき?

2017.01.04



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。