【パルシステムを使って食費を節約】パルシステムで頼みすぎない5つの方法

わが家は、宅配生協のパルシステムを使って、7-8割の食材を買っています。

パルシステムは、良質な食材を適正な価格で、自宅まで届けてくれるので、子育て中のわが家は愛用しています。

とても便利なパルシステムですが、デメリットもあります。

それは、お届けの1週間前に商品を確定することです。

そのため、パルシステムを使いはじめたころは、ついつい頼みすぎてしまっていました。

そこで今回は、ついつい頼みすぎてしまうパルシステムで頼みすぎないための5つの方法について書きます。

1.インターネットで注文する

パルシステムには、注文方法が2つあります。マークシートでの注文とインターネットでの注文です。

断然、インターネットでの注文がおすすめです。理由は次の2つです。

(1)合計金額を見ながら注文できる

マークシートでの注文の場合、自分で計算しないと合計金額が出ません。

インターネットの場合は、自動で合計金額が出ますから、合計金額を見ながら注文を調整できます。

わたしは、1週間の予算を8,500円までと決めていて、絶対にオーバーしないようにしています。

(2)注文確定日が遅い


〈注文確定のタイミング〉

マークシート:配達日に、翌週分の注文を書いたマークシートを、宅配員さんに渡す。

インターネット:配達日の翌日の13時までに、インターネットで翌週分の注文確定を押す。


インターネットの場合には、配達の後に注文確定ができることです。

2.配達された食品を冷蔵庫に入れてから、注文する

インターネットの場合には、配達の後に注文確定ができます。

わたしは、配達された食品を冷蔵庫に入れてから、冷蔵庫の状態を見ながら注文することをおすすめします。

「お届け分が思ったより多くて、冷蔵庫(冷凍庫)がパンパン」ということがあります。

そういうときには、翌週分の注文を少なめに頼むのです。

これは経験して分かったことですが、「思ったより多い」というのは、収納してみた冷蔵庫(冷凍庫)を見ながらしか分かりません。

3.「ちょっと足りないかな」くらいで注文

すべての食材をパルシステムで頼む必要はないと、わたしは思っています。

少しの野菜や加工品なら、近くの個人商店や小さいスーパーで買えるからです。

「ちょっと足りないかな」くらいで注文して、足りなくなったら買い足すことで、食材を余らせないようにしています。

具体的には、食費の予算が週10,000円のところ、パルシステムでは週8,500円までの注文にしています。

4.次の配達までに冷蔵庫をカラッポにするつもりで使う

1週間分の食材がまとめて来ますから、生鮮食品は1週間で食べ切ってしまいたいところ。

そこで、次のお届けまでに冷蔵庫をカラッポにするつもりで、食材を使うことをおすすめします。

クックパッドの人気レシピを無料で検索して、食材使い切り!

食材を使い切る上で難しいのは、残った食材の使い道ですよね。

そこでおすすめしたいのが、クックパッドの人気レシピを無料で検索して、残り食材を使い切ること。

その方法は、グーグルで「残り食材 クックパッド レシピ」と検索するだけ!

実際に、なすと豚肉があまった場合を想定して、試してみました。

▼「なす 豚肉 クックパッド レシピ」と検索

coolkpad

1番目に表示されたなすと豚のしょうが焼き風。 by まめがちゃ。は、つくれぽ2,400件以上の超人気レシピ。

2番目に表示された子供も大好き!豚なすピーマンみそ炒め by izakeijiはつくれぽ9,300件以上の超人気レシピ。

さらに、グーグルで「食材+クックパッド+レシピ」で検索すると、「【クックパッド】激うま!なすと豚肉の人気レシピ厳選22選」といった、まとめサイトも検索できるのです。

クックパッドのHPで人気検索をするためには、有料会員になる必要があります。

有料会員になるのはイヤという方、ぜひこの方法をお試しください。

2017年9月追記

クックパッドの仕様変更がおこなわれ、スマホではこの検索方法を使えなくなったようです。

パソコンだと引き続き使えるので、この検索方法はパソコンでおためしください。

5.目を通すカタログをしぼる

生協は、カタログが山のように入ってきます。

色々なカタログに目を通すと、なんだかんだ欲しくなって、たくさん買ってしまいます。

わたしは、メインのカタログと子供用のカタログ以外は目を通しません。

目を通すカタログをしぼって、他のカタログは見ないことで、むだ買いが防げます。

まとめ


〈パルシステムで頼みすぎないための5つの方法〉

1.インターネットで注文する

2.お届けが終わってから、注文する(インターネットのみ可能)

3.「ちょっと足りないかな」くらいで注文

4.次のお届けまでに冷蔵庫をカラッポにするつもりで使う

5.目を通すカタログを絞る


パルシステムを使って食費を節約したいという方の、参考になればうれしいです。

関連記事

▼パルシステムのおすすめ商品を紹介しています

パルシステムのおすすめ商品ランキング!絶対食べてもらいたいものベスト5

2016.07.25