乳幼児の子育てに悩む方におすすめの本!『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』

息子が新生児のころ、わたしははじめての子育てに悩んでいました。

子育てのむずかしさは、「正解がないこと」だと思います。

正解がないからこそ色々な解釈が生まれ、パニック状態の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

わたしは、たくさんの情報にふれてパニック状態だったときに「保育士おとーちゃんの子育て日記」というブログに出会ったことで、子育てで大事な点を理解することができました。

子育てに関する情報が多すぎて、どれを信じればいいのかわからなかった

今はインターネットで子育てに関する情報が多く手に入る時代です。


・保育園に行くと子どもにいい刺激があたえられる?

・いやいや、3歳までは母親が一緒にいたほうがいいのよ

・離乳は卒乳を待つべき?

・赤ちゃんのときから「こんな習い事をしています」 など……


インターネットや知り合いのママさんの情報と、自分の子育てを照らし合わせて、「わたしの子育てって間違っているのかな……?」と悩むこともありました。

そんなときに『保育士おとーちゃんの子育て日記』というブログに出会い、わたしの子育ては変わりました。

おすすめのブログ「保育士おとーちゃんの子育て日記」

『保育士おとーちゃんの子育て日記』は、公立保育園に10年間勤務し、現在は子育てアドバイザーとしてご活躍されている須賀義一さんのブログです。

須賀さんの保育士としての経験にもとづいた、子育てに関する内容がたくさん書かれていて、どれも納得するものばかり。

このブログを読んだことで、「そんなに深く考えなくても、子育てに大事なことってほんのわずかなんだな」と気づきました。

おすすめの本『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』

『保育士おとーちゃんの子育て日記』は、内容が豊富で読むのに時間がかかるため、子育て中の忙しい方がすべて読むのは大変だと思います。

そこでおすすめしたいのが、須賀さんが執筆された本、『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』です。

保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」のおすすめポイント3つ

1. 平易な文章で書かれているので、ブログを読むような感覚で読める

2. ブログで書かれている大事なポイントだけが、ギュッと凝縮されている

3. 子育てで大事なことは「●●」だけだとわかる

『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』は、気持ちがラクになる本

『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』は、子育てに対する気持ちがラクになる本です。

もし子育てに悩んでいるのなら、一度読んでみてほしいなと思います。