独身⇒DINKS⇒専業主婦で貯金歴10年。「いつ・どうやってお金を貯めたか?」をまとめました

わが家は、33歳の夫・32歳のわたし・2歳の子どもの3人ぐらし。

今年の3月で、わたしが独身時代に貯金をはじめてから丸10年がたちました。

この10年間で、独身⇒DINKS⇒専業主婦と生活スタイルを変えてきましたが、貯金は続けています。

今回は、わたしが「いつ・どうやってお金を貯めたか?」をまとめました。

1. 独身時代は財形貯蓄で年100万円以上

独身時代は会社員として働いていた

独身時代は会社の財形貯蓄で、1年で100万円以上を貯めました。

こちらの記事では、財形貯蓄を成功させるコツを書いています。

独身時代に5年半で600万円貯められたのは財形貯蓄のおかげ。財形貯蓄を成功させるコツとは

2016.04.15

なお、独身時代をふくめ、10年財形貯蓄を続けましたが、昨年やめました。

こちらの記事では、財形貯蓄のデメリットについて書いています。

10年続けた財形貯蓄をやめます!財形貯蓄のデメリットとは?

2016.09.17

2. 退職金はすべて貯金

結婚退職で、退職金をいただいた

夫(当時の彼)とは遠距離恋愛でしたので、結婚を機に新卒から勤めた会社を退職しました。

退職時にいただいた退職金は、すべて貯金しました。

3. 結婚祝いの余った分を貯金

結婚式

わたしは結婚式にあまり興味がなかったので、親族だけでカンタン行いました。

そのため、結婚祝いのうちの一部があまったので、あまった分はすべて貯金しました。

4. DINKSのときは1年で250万円貯蓄

結婚後は1年間DINKS

夫と一緒に暮らしはじめてから子どもが生まれるまで、1年間DINKSでした。

夫が転勤族なので、正社員での採用はハナからあきらめ、契約社員をえらびました。

DINKSのときには、1年で250万円を貯めることができました。

浪費家の夫と、1年で250万円貯めたDINKS時代!ぜったいにお金が貯まる、1つの方法

2016.05.19

5. 出産手当金(産休手当)はすべて貯金

産休中

わたしは契約社員でしたので、契約の関係上育休がとれず、産休をとって退職しました。

出産手当金(産休手当)としていただいたお金は、すべて貯金しました。

派遣社員・契約社員・パート社員でも産休は取れる!育休を取りたいなら雇用条件をチェック

2016.06.07

6. 有休消化中の給与・ボーナスはすべて貯金

出産退職で有休を消化

わたしが契約社員として働いていたのは、超ホワイトな公的機関でした。

そのため、産休後に有休休暇をすべて取ってから退職することができましたし、ボーナスもいただけました。

有休消化中の給与とボーナスはすべて貯金しました。

7. 専業主婦になってからは家計管理を強化

出産後は専業主婦になって家計管理を強化

専業主婦になってからはそれまでよりも家計管理を強化して、月10万円ペースで貯蓄を続けています。

今の家計管理の方法については、こちらの記事でまとめています。

わが家の家計管理ルールまとめ。生活費・特別費・旅行積立の3つに分けて管理しています

2017.01.02

DINKSから専業主婦になった方向けにこんな記事も書いています。

DINKSから専業主婦になっても無理なく貯金を続けるために、実践している節約術7つ

2016.08.05

10年間貯金にはげんで気づいたこと

最後に、10年間、貯金にはげんで気づいたことをまとめます。

1.貯金は短距離走ではなく、マラソン。細く・長く・ゆるーく

わが家のような一般家庭の場合、1年で貯金が1,000万円増える・・なんて夢のようなことはおこりません(笑)

貯金は短距離走ではなく、マラソンのように長く続けていくものです。

自分が長く続けられる方法を見つけられるといいのかなと思います。

できるだけ、ゆるいほうが長続きすると思いますよ^^

2.ドカンと臨時収入が入ってきたときには、冷静になる

退職金や出産手当金など、ドカンと臨時収入が入ってくることがあります。

そういうときには、気が大きくなって使いたくなってしまいますが、冷静になって、必要なものにしぼってお金を使うことが大切です。

そうすることで、一気に貯蓄ペースが上がります。

3.DINKSがいちばん貯めやすかった

わたしはひとり暮らし・DINKS・専業主婦と、3つのステージで貯金にはげんできました。

わたしがいちばんお金を貯めやすかったのは、圧倒的にDINKSでした。

DINKSの方は、貯蓄ペースをあげるチャンスだと思います。

 

以上、「独身⇒DINKS⇒専業主婦で貯金歴10年のわたしが、いつ・どうやって貯めたか?」をまとめました。

少しでも参考になるところがあれば、うれしいです。

関連記事

▼わが家の家計管理のルールについてまとめています

わが家の家計管理ルールまとめ。生活費・特別費・旅行積立の3つに分けて管理しています

2017.01.02



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。