わたしがミニマリストになりたくない理由

わたしは断捨離が好きですが、ミニマリストになりたいとは思っていません。

けっして、ミニマリストの方を批判しているわけではありません。

自分が本当に気に入っているものを最小限に持つというミニマリストの考え方は、むしろ好き。

ミニマリストの方のブログを読みながら、「こんな暮らしができたら、心地いいだろうな~」と想像したりもします。

今回は、わたしがミニマリストになりたくない理由について書きます。

わたしの心が狭いから、ミニマリストにはなりたくない

わたしがミニマリストになりたくない理由は、わたしの心が狭いからです。

わたしは「コレ!」と決めたら猪突猛進するタイプ。

「ミニマリストになりたい!」と決めてしまったら、家じゅうのありとあらゆる不要なものを手放すでしょう。

自分のモノだけならそれでもいいんです。

夫のものにも干渉したくなる

わたしの場合、夫のものにも干渉したくなってしまうんです。

「これも、これも、いらないから処分していいよね?!」と、強制的にものを減らすすがたが、目に浮かびます・・。

「余計なものを買わないで!」と要求しはじめる

さらには、夫だけでなく周りの人にも「余計なものを買わないで!」と要求したくなってしまうでしょう。

たとえば、息子におもちゃを買ってあげることを生きがいにしている義両親。

わたしがミニマリストになったら、義両親が息子におもちゃを買ってあげるたびに、イライラしてしまうにちがいありません。

そうなれば、人間関係がギクシャクして、「心地よい暮らし」とはほど遠くなってしまいます。

ミニマリストがほかの人のものに干渉しないのってむずかしい

わたしがミニマリストになるためには、2つのことを両立する必要があります。


1. 自分のものは必要最小限にする

2. 他の人のものには干渉しない


残念ながら、わたしはそこまで寛容にはなれなさそうです(苦笑)

だから、わたしはミニマリストにはなりたくない、と思っています。

関連記事

▼断捨離は好き。子どもが生まれてから色々捨てました

子どもが生まれるとモノが増えるけど断捨離のチャンス!わが家が断捨離したモノ、すべて公開

2016.05.10

▼断捨離すると収納に困らないって、本当?

【画像あり】断捨離してモノを減らせば収納に悩まないって本当?本棚で検証してみた

2016.06.07