わが家のメインカードはレックス(REX)カード。メリット・デメリットまとめ

クレジットカードは本来、「イトーヨーカドーでのお買い物はセブンカード・プラス」のように、使い道に応じて使い分けるとポイントが貯まりやすいですよね。

しかし、複数のカードを使い分けるのは面倒ですし、ポイントの有効期限を管理するのも大変です。

そこでわが家は、クレジットカードを2枚にしぼってポイントを貯めています。


メインカード:レックス(REX)カード

サブカード:楽天カード(※楽天や系列店での支払いのみ、楽天カードを使います)


今回は、わが家がメインカードとして使っているレックスカードのメリット・デメリットをくわしくご紹介します。

2017年10月に、レックスカードの手数料やポイント還元率の条件が大きく変わります。

くわしくはこちらの記事で書いています。

レックス(REX)カードが還元率1.5%⇒1.25%に改悪!わが家の今後の使い方

2017.06.15

レックスカードのメリット

1.ポイントがめちゃくちゃ使いやすい

レックスカードのメリットの1つめは、ポイントがめちゃくちゃ使いやすいこと。

家電量販店などのポイントを有効期限内に使うために、「何を買おうかな?」と迷ってしまうことってありませんか?

わたしもそうなのですが、そういうときの買い物ってだいたいムダな買い物なんですよね。

レックスカードのポイントは、そのような心配がいっさいありません。”Jデポ”というポイントに変換すれば、翌月以降の請求金額から値引きしてもらえるからです。

そのため、ポイントでムダな買い物をすることなく、有効に使うことができます。

2.ポイント還元率が高い

REXカードのメリットの2つめは、ポイント還元率が高いことです。

一般的なクレカのポイント還元率は0.5%ですが、REXカードなら1.5%。一般的なクレカにくらべて、3倍もポイントが貯まるんです。

仮に年間100万円(月約8万円)使ったとすると、獲得ポイントにはこのような差が出ます。


・一般的なカード:5,000円分のポイント

・REXカード:15,000円分のポイント


ふだんのお買い物だけでなく、光熱費や携帯料金の支払いをクレジットカードに変えれば、ポイントがどんどん貯まります。

レックスカードのデメリット

1.前年度の使用額が50万円未満だと、年会費が2,700円

レックスカードのデメリットの1つめは、前年度の使用額が50万円未満だと年会費が2,700円かかること。

年間50万円(月約4万円)もクレジットカードを使わない方には、REXカードはおすすめしません。

2.電子マネーへのチャージではポイントがつかない

レックスカードのデメリットの2つめは、nanacoやEdyなどの電子マネーへのチャージではポイントがつかないこと

リクルートカードや楽天カード(JCB)は、クレジットカードからnanacoにチャージすることで、ポイントが貯まります。

nanacoでは税金を支払うことができるので、税金の支払うだけでポイントを貯められることができます。

税金の支払いがある方は、リクルートカードがおすすめです。

レックスカードのメリット・デメリットまとめ


〈レックスカードのメリット〉

1. ポイントがめちゃくちゃ使いやすい

2. ポイント還元率が1.5%と高い

〈レックスカードのデメリット〉

1. 前年度の使用額が50万円未満だと、年会費がかかる

2. 電子マネーへのチャージではポイントが付かない


〈注意!〉10月請求分からポイント還元率や年会費が変更になります

2017年10月請求分から、レックスカードのポイント還元率や年会費が変更になります。

くわしくはこちらの記事で書いています。

レックス(REX)カードが還元率1.5%⇒1.25%に改悪!わが家の今後の使い方

2017.06.15



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。