オムツがえを嫌がっていた1歳の子どもが、笑顔でオムツをかえさせてくれるようになった方法

1歳の息子は、赤ちゃんの時からオムツがえが大嫌い。

おむつがぬれてもまったく泣かない代わりに、オムツがえで泣いていた子でした。

0歳のときはおもちゃのおかげで何とかオムツをかえられていましたが、1歳になるとその作戦が通用しなくなりました。

とはいえ、オムツをかえないわけにいかないので色々試してみたところ、オムツがえを嫌がっていた1歳の子どもが笑顔でオムツをかえさせてくれるようになりました。

0歳のオムツ替えは、おもちゃに頼りまくり

子どもが0歳のときは、おもちゃに頼りまくってオムツをかえていました。

寝返り~つかまり立ちまで

あおむけが嫌いな子だったので、オムツをかえようとすると寝返りをしてしまいました。

そのため「6WAYジムにへんしんメリー」の下に寝かせて人形をさわらせて、気をそらしているうちにかえていました。

つかまり立ちができるようになってから

つかまり立ちができるようになってからは、立ったままオムツをかえるようになりました。

だんだんと、ただ立っているだけでは飽きるようになってしまったので、ダイニングチェアの上に音のなる本を置いて、遊ばせているうちにかえていました。

しかし1歳になったころから、ダイニングチェアの上に音のなる本を置いても、オムツかえをのけぞって嫌がるようになってしまいました。

すきを見つけて何とかかえるのですが、かなりの労力がかかり、オムツかえがストレスに。

これではいけない!と思い、ある案を考えたところ、これが大ヒット!

「おしりちゃん」というキャラクターを設定する

子どもって、モノや動物にも心があると信じているような、メルヘンな行動を取りませんか?

たとえばわたしの息子は、こんな感じです。


1. 寝る前に読んだ絵本に、バイバイしてから寝る

2. 泣いているとき、わたしがなだめてもダメなのに、人形がなだめると泣きやむ。人形にいいこいいこしたり、何かプレゼントしたりする


とくに2番目の、「人形好き」を応用し、「おしりちゃん」という架空のキャラクターをつくりました。

「おしりちゃん」を使った、オムツかえの時の声かけ

具体的な声かけは、こんな感じ。うんちのときを想定していますが、おしっこのときにも使えます。

オムツをかえる前

macchi
○○くん、おしりちゃんが「うんちがついておしりが気持ち悪い」って泣いてるよ。おしりちゃんのためにオムツ替えてあげよっか。

「おしりちゃん」を登場させるだけで、顔つきが変わります。

まるで「かわいいおしりちゃんのためにオムツをかえるぞ!」とやる気マンマンの様子です。

オムツを取るとき

macchi
○○くん、おしりちゃんが「うんちのついたオムツが取れて気持ちいい」って。よかったねー。でも「おしりにうんちがついてるからフキフキしてほしい」って。フキフキしてあげよっか。

おしりをふくとき

macchi
あっ、おしりちゃんが「フキフキして気持ちよくなってきた!あとは、きれいなオムツがはきたい」って。きれいなオムツはいてあげよっか。

新しいオムツをはくとき

macchi
おしりちゃんが「きれいなオムツ気持ちいい、○○くんありがとう」だって。よかったね。○○くんがんばったね

成功のためのポイント

「おしりちゃん」を使ったオムツがえで成功するためのポイントは、次の3つです。


1. 言葉をある程度理解するようになってから、この方法を使う

2. 「おしりちゃん」が本当にいると、親も信じる

3. おしりをふいているときに「次は新しいオムツがはきたいって」など、次の行動も教えてあげるとスムーズ


まとめ

1歳の息子がオムツがえを毎回嫌がっていましたが、「おしりちゃん」という架空のキャラクターを作ったことで、笑顔でオムツをかえさせてくれるようになりました。

オムツがえで困っている方のお役に立てば、うれしいです。