つみたてNISAで投資する商品を楽天・全世界株式・インデックスファンドに決めた4つの理由

2018年1月から、つみたてNISAが利用できるようになりました。

つみたてNISAは長期投資にはぴったりの制度なので、わが家でも利用することにしています。

2018年1月現在で、つみたてNISAで投資できる投資信託は約120個ありますが、わが家は楽天・全世界株式・インデックスファンドに決めました。

今回は、つみたてNISAで投資する商品を楽天・全世界株式・インデックスファンドに決めた4つの理由について書きます。

つみたてNISAは毎年40万円・最長20年間利用できる非課税制度

つみたてNISAは、長期・積立・分散投資を支援するための制度です。

投資した結果として運用益が出ると、通常は20.315%の税金を払う必要があります。

また、分配金が出る投資信託の場合、分配金に対しても税金がかかります。(※分配金:株式でいう配当のようなもの)

しかし、つみたてNISAの場合、NISA口座で購入した投資信託については運用益や分配金に対する税金がかかりません。これがつみたてNISAの大きなメリットです。

また、つみたてNISAで購入できる投資信託は、長期投資にふさわしいとして金融庁の厳しい基準をクリアしたものだけなので、今まで投資したことのない方にも向いている制度だと思います。

▼つみたてNISAと現行NISAの比較

つみたてNISA 現行NISA
非課税期間 20年 5年
(※ロールオーバーで最長10年)
非課税枠(年間) 40万円 120万円
非課税枠(総額) 800万円 600万円
投資できる商品 金融庁の定めた条件にあう
株式投資信託・国内ETF
国内外の上場株式・株式投資信託
購入方法 積立だけ 自由

 

楽天・全世界株式・インデックスファンドは、VTに投資する国内インデックスファンド

楽天・全世界株式・インデックスファンドは、バンガード社のVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)に投資する国内インデックスファンド

全世界の大型・中型・小型株で構成される「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」との連動をめざしています。

資産配分は株式・債券市場の規模の大きさ(時価総額)にもとづいて決まります。

カンタンにVTに投資できて、じゅうぶんに低コスト

バンガード社のVTは、海外ETFとよばれる米国市場に上場している投資信託で、購入・売却方法が少し複雑なために中級者~上級者向けといわれています。

しかし、楽天・全世界株式・インデックスファンドは国内インデックスファンドなので購入や売却がカンタン。しかも、かなり低コストなのです。


・VTの信託報酬:年率0.11%

・楽天・全世界株式・インデックスファンドの信託報酬:実質年率0.24%


信託報酬とは?

信託報酬とは、ファンドを運用・管理するための手数料のこと。

ファンドの保有者が負担します。

つみたてNISAに楽天・全世界株式・インデックスファンドをえらんだ4つの理由

それでは、わが家がつみたてNISAに楽天・全世界株式・インデックスファンドをえらんだ4つの理由について書きます。

1. 1本のファンドで国際的に分散投資できる

1つめの理由は、1本のファンドで国際的に分散投資できるからです。

2017年末時点の地域別の資産配分は次のとおり。

楽天・全世界株式・インデックスファンドのアセットアロケーション

〈参考〉Vanguard Total World Stock ETF(Vangard)

楽天・全世界株式・インデックスファンドの資産配分は、株式・債券市場の規模の大きさ(時価総額)にもとづいて決められています。

世界経済の成長にあわせてファンドも成長する点が、わたしの希望にそっています。

2. 株式100%

2つめの理由は、株式100%だからです。

わたしは、株式クラスは全世界に分散投資/債券クラスは個人向け国債(+定期預金)、というアセットアロケーションがシンプルで好き。

しかし2017年までは、全世界に分散投資できて株式100%という国内インデックスファンドがありませんでした。

たとえばわたしが投資しているセゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの場合、株式:債券が50%ずつ。

世界の株式・債券市場の時価総額にあわせて決まるので、当然外国債券がはいっています。

▼セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの資産配分比率

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの資産配分の円グラフ

今まで外国債券が入らない全世界の株式ファンドがなかったのでセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドをえらんでいましたが、楽天・全世界株式・インデックスファンドのほうが自分の希望とあっています。

そのため、つみたてNISAをはじめたらセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの積み立ては停止するつもりです。

3. 信託報酬が安いから

3つめの理由は、信託報酬が安いからです。

信託報酬とは、ファンドを運用・管理するための手数料のこと。ファンドの保有者が負担します。

信託報酬は毎日少しずつ資産から引かれているので一見気づきにくいコストですが、確実にリターンを減らす要素。

そのため信託報酬が低ければ低いほどいいのです。

各資産クラスのインデックスファンドを組み合わせるよりは若干高いですが、バランスファンドと比べるとかなり安いことがわかります。

株式/バランス 資産クラス ファンド名 信託報酬
個別株式 日本株式 eMAXIS Slim 国内株式インデックス 0.16%
先進国株式 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックス 0.19%
新興国株式 楽天・新興国株式インデックス 0.27%
全世界株式 全世界株式 楽天・全世界株式・インデックス 0.24%
全世界株式 EXE-iつみたてグローバル株式 0.15%
バランス GDP比率 世界経済インデックス 0.50%
時価総額比率 セゾン・バンガード・グローバルバランス 0.68%±0.03%
8資産均等 eMAXIS Slim バランス(8資産均等) 0.21%

eMAXIS Silmバランス(8資産均等)は信託報酬は安いのですが、次の理由からえらんでいません。


・REITへの投資に積極的になれない

・自分の希望に対して日本の比重が高すぎる


また、EXE-iつみたてグローバル株式ファンドも全世界株式で信託報酬が低い点は魅力ですが、4番の理由により楽天・全世界株式・インデックスファンドを選びました。

4. バンガード社のVTに投資できるから

4つめの理由は、バンガード社のVTに投資できるからです。

楽天・全世界株式・インデックスファンドは、世界最大級の投信会社であるバンガード社のVTに投資する商品です。

VTの2017年末時点の純資産額は109億米ドル(約12兆)と巨額で、運用が安定しています。

そのため、現時点では繰り上げ償還リスクが低く、長期的に投資を続けるうえでのリスクが低いと考えています。

繰り上げ償還リスクとは?

繰り上げ償還リスクとは、約束した期日以前に、ファンドの運用が終わってしまうこと。

強制的にファンドが解約されて、ファンドの保有者のもとに資金が返ってきます。

〈参考〉『繰り上げ償還』は投資信託最大のリスクです(『カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け!』)

それに、わたしはもともと「VTのような商品が国内インデックスファンドでも出てこないかな~」とひそかに願っていました。

それがバッチリかなうことになったのですから、これをえらぶしかないでしょ!という感じなのです。

投資信託の売却タイミング。金融リテラシーゼロの夫が将来困らないように計画している2つのこと

2017.05.18

楽天・全世界株式・インデックスファンドをえらぶときの注意点

もし、この記事を読んで楽天・全世界株式・インデックスファンドがいいなと思ってくださった方がいたら、とてもうれしいです。

しかし盲目的に、「とにかくこのファンドを買う!」と決めてしまうことは危険であると思います。

楽天・全世界株式・インデックスファンドは株式100%のファンドであるため、リスク(将来の値動きの幅)が大きいからです。

大きくプラスになるかもしれませんが、逆に大きくマイナスになる可能性もあります。

そのため、まずはご家庭の資産状況やリスク許容度を確認したうえで、投資するかどうかや投資額を決めることをおすすめします。

ご自身のリスク許容度や投資額を決めるうえで参考にしていただきたいのが、インデックス投資家ブロガーの水瀬ケンイチさんが書かれた『お金は寝かせて増やしなさい』。

今までわたしが複数の本やブログで勉強してきたことがギュッと1冊にまとまっており、まさにインデックス投資の教科書です。

『お金は寝かせて増やしなさい』のレビュー。自分がインデックス投資をはじめるときに読みたかった本!

2018.01.29

まとめ


〈つみたてNISAの商品に楽天・全世界株式・インデックスファンドをえらんだ4つの理由〉

1. 1本のファンドで国際的に分散投資できるから

2. 株式100%だから

3. 信託報酬が安いから

4. バンガード社のVTに投資できるから


なお、楽天・全世界株式・インデックスファンドは楽天証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)でも投資できます。

iDeCoが利用できる方で楽天・全世界株式・インデックスファンドに投資したい方は、楽天証券をえらぶのもいいかなと思います。

会社員・自営業・公務員・専業主婦。「iDeCo(イデコ)に加入するのはおすすめ?」タイプ別にまとめました

2017.09.27

※投資は自己責任でお願いします



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA