【家計簿公開】30代、年収600万円台、夫婦と幼児1人の3人家族。2016年1-6月の特別費の収支

リアルではなかなか聞けないお金のはなし。

でも、ほかの家庭が「何にどれくらい使ってるの?」「毎月どれくらい貯蓄してるの?」って、気になっちゃいますよね。

当ブログ『家族みんなが笑顔で貯金♪』では、わが家のお金事情をすべて公開しています。

この記事では、2016年前半の特別費の予算と収支を公開します。

家計管理ルール・家族構成・年収

家計簿を公開するにあたり、家族構成・年収・わが家の家計管理ルールを先に説明します。

家族構成

サラリーマンの夫(32歳)、専業主婦の私(32歳)、1歳の子どもの3人家族。東京都下に住んでいます。

給与・収入

夫の給与は、家賃(5万円)と財形貯蓄(3万円)を天引き後、手取りで月24万円くらい。

児童手当をひと月あたり1.5万円もらっているので、毎月の収入の合計は25.5万円くらいです。

2015年の年収は税込みで650万円でした。

わが家の家計管理ルール

わが家では、生活費・特別支出・旅行積立の3つで家計管理しています。今回は、このなかの「特別費」についてです。

わが家の家計管理ルールまとめ。生活費・特別費・旅行積立の3つに分けて管理しています

2017.10.01

30代、年収600万円のリアル特別費・2016年前半

特別費の支出

1-6%e7%89%b9%e5%88%a5%e6%94%af%e5%87%ba

帰省

実家・義実家ともに遠方なので、年2回ずつくらいのペースで帰省しています。

冠婚葬祭

冠婚葬祭のときに渡すお金と、交通費の予算です。今年はわたしの妹が結婚するので、予算を多めに確保しています。

ギフト

出産祝い、両親や子どもの誕生日プレゼントなどの費用。夫婦の誕生日プレゼントは、お互いのおこづかいから出しあいます。

家具・家電

家具や家電の買い替え費用。電動歯ブラシやシェーバーの替え歯などの、消耗品もふくみます。

被服

洋服や靴、バッグなどの買い替え費用。夫のスーツやシャツもふくみます。

下着などの小物は、生活費から出すことが多いです。(この辺は臨機応変にやってます)

医療

PMTC(虫歯や歯周病のリスクが高いところをクリーニングする治療法)の費用。夫婦で、年1回ずつやってもらいます。

各月のおもな出来事

〈1月〉わたしの実家に帰省。

〈3月〉夫のスーツとダウンジャケットを新調。

〈4月〉夫の実家に帰省。わたしが元後輩の結婚式に出席。

〈5月〉無印良品のユニットシェルフを購入し、キッチン収納を大改造。わたしの誕生日プレゼントのため、料金の一部は夫のおこづかいから。

〈6月〉わたしの両親と旅行。ホテル代は払ってもらったので、わが家の負担は交通費だけ。

30代、年収600万円の特別費の収支・2016年前半

収支と残金

1-6%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%8f%8e%e6%94%af
わが家では、年2回のボーナスを特別費の収入にしています。2016年6月は、575,000円のボーナスのうち、518,000円を特別費に取り分けました。

6月末時点で100万円以上残っています。これは特別費の予算1年分以上にあたるので、じゅうぶんな資金といえます。

なお、わが家ではボーナスを特別費の収入にしていますが、かならずしもこれが正解ではありません。むしろ、ほかの方法のほうがお金を貯めやすいとわたしは思います。

くわしくはこちらの記事で書いていますので、参考にしていただけるとうれしいです。

特別費の管理方法は3つ。そのなかで、いちばんお金が貯まりやすい方法を教えます

2016.07.12

こちらの記事もおすすめです

わが家の家計簿は、こちらのカテゴリで公開中!

ちょっと気になるほかの家庭の家計簿を、のぞき見していってくださいね^^

30代、子育て中の家計簿公開



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。