転勤族妻×療育ママで共働きフルタイムは絶対に無理なわが家。家計の総合力を上げて貯金アップをめざす

「共働きフルタイムが一番リスクが低い」「子どもが生まれても正社員として働き続けよう」

わかっているけど、うちは絶対無理なのよ!という方も多いのではないでしょうか。

わが家もこれらの理由から、共働きフルタイムはかなり厳しい世帯。


・夫が転勤族なのでわたしは転妻

・息子が発達障害グレーゾーンなのでわたしは療育ママ

・実家は遠方で頼れない


だからわが家は、家計の総合力を上げて貯金アップをめざしています。

わが家が共働きフルタイムは無理な理由3つ

まず、わが家が共働きフルタイムは無理な理由3つについて説明します。

1. 夫が転勤族だから

わが家が共働きフルタイムが無理な理由の1つめは、夫が転勤族だからです。

わたしは結婚前は正社員として働いていましたが、当時付き合っていた夫の転勤が決まり、結婚することになったので退職しました。

しかし、正社員を辞めるというのはなかなか大変で、会社に「辞めます」と宣言してから、辞めるまでに1年もかかってしまいました……。

その経験から、転勤族の妻として帯同したいなら正社員は無理だなと思ったのです。

出産前は契約社員として働いていましたが、契約の関係上で育休が取れずに退職し、現在は専業主婦です。

2. 子どもに早期療育を受けさせたいから

わが家が共働きフルタイムが無理な理由の2つめは、子どもに早期教育を受けさせたいからです。

もうすぐ3歳になる息子は、発達障害のグレーゾーンという診断をされています。

発達障害の子やグレーゾーンの子は、早期療育をすることで将来の二次障害が起こりにくくなると言われています。

だからわたしも、子どもに早期療育を受けさせたいのです。

しかし、療育の日程はほとんどが平日。実際息子が通っている療育の日程もこんな感じです。


・自治体の療育:月2回、平日の午前中

・民間の療育:週1回、平日の午前中


療育を優先するなら、フルタイムで働くというのはほぼ不可能な状況です。

3. 実家が遠方で頼れないから

わが家が共働きフルタイムが無理な理由の3つめは、実家が遠方で頼れないからです。

実家も義実家も、新幹線で行く距離にあります。

さらに、嘱託やパートタイムでまだ働いているので、頼るのは無理なんです。

がんばれない自分を認めて、家族にあった暮らし方や働き方を探す

ほかにも、夫は朝6時半に家を出て~夜21時くらいまで帰ってこれないなど、共働きフルタイムはすごく難しい状況です。

「がんばればできるんじゃないの⁈考えが甘い!」と思われるかもしれませんし、実際に同じような環境でもフルタイムで働かれている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、わたしも夫もそこまでキャパシティの大きい人間ではありません。

平日の夫は仕事で疲れていますし、わたしもフルタイムの仕事・育児・家事を一人で回す自信はありません。

みんながみんな、がんばれる人ばかりじゃないと思うんです。

がんばれない自分を認めてその家族にあった暮らし方や働き方を探すほうが、しあわせに暮らせるのではないでしょうか。

家計の総合力を上げて貯金をアップする方法3つ

しあわせに暮らすために、お金は大事な要素のひとつです。

共働きフルタイムが無理とはいえ、何もせずに諦めていてはお金は貯まりません。

そこでわが家では、家計の総合力を上げて貯金をアップすべく挑戦中です。

1. 夫の収入の安定のために精神面でサポートする

夫の収入の安定のために精神面でサポートする

家計の総合力を上げて貯金をアップする方法の1つめは、夫の収入の安定のために精神面でサポートすること。

外回り中心の営業マンとして働いている夫。わたしにはとてもできない仕事なので尊敬しています。

社外の人と関わることも多いので、平日は毎朝憂鬱そうです。

だから家のなかだけでもストレスを感じなくて済むように、栄養があって(できるだけ)おいしい料理を準備したり、仕事の話を聞いたり。

夫が最大限のパフォーマンスを発揮できるようにサポートすることで、夫の収入の安定をめざしています。

2. 時間を使えば節約できるところは節約する

時間を使えば節約できるところは節約する

家計の総合力を上げて貯金をアップする方法の2つめは、時間を使えば節約できるところは節約すること。

「時間をお金で買いましょう」……とルンバや食洗器などをすすめられることがありますよね。

時間をお金で買うべき人は、次のような人だと思います。


・時間を買ったら、ほかのところでお金を生み出すことができる人

・時間をお金で買わなければ、体力面や精神面で疲弊してしまう人


わたしの場合、ルンバや食洗器で家事の時間を削減したらほかのところでお金が生み出せるかというと……残念ながらそんなことはありません。

また、体力面や精神面で疲弊するほどの忙しい毎日を送っているわけでもありません。

わたしはルンバや食洗器も持っていませんし、お惣菜や料理のキットも使いません。

今の状況は、時間を使えば節約できるところを節約することで家計を強化すべき状況だと思っているからです。

3. すき間時間で働いて収入アップ

すき間時間で働いて収入アップ

家計の総合力を上げて貯金をアップする方法の3つめは、すき間時間で働いて収入をアップすること。

節約には限界があります。

ある程度節約してしまったら、月に1万円節約するよりも1万円収入を増やすほうがカンタンだと思います。

「わたしには何のスキルもないからできない」と思っていませんか?

「収入を増やすのがいいってわかってるけど、わたしには何のスキルもないからできない」と思っていませんか?

わたしもそうだったのでお気持ちはわかります。

でも本当は……。ご自分には何が向いているか、ご自分が一番わかっているのではないかと思います。

わたしは在宅ワークとしてはアンケートとブログしかやったことがありません。それはわたしが、密かに「これならできるかも」感じていたからです。

息子が0歳のとき:「マクロミル」でアンケート

わたしはブログをはじめる前、息子が0歳のときに「マクロミル」というアンケートサイトでアンケートに答えていました。

アンケート自体は1回10円とかなのですが、1~2ヶ月に1回くらいはモニターや継続案件に当選します。

子育てが忙しかったので熱心にやっていたわけではないですが、それでも月に1,000円~2,000円は稼げていましたよ。

マクロミル



息子が1歳になってから:ブログ

子どもが1歳半くらいになり、体力的にだいぶラクになったのでブログをはじめました。

ふつうの主婦であるわたしがブログを1年半続けて思うのは、ブログで月10万円はめちゃくちゃむずかしいけど、ブログで月1万円はそんなにむずかしくないということ。

月に1万円だって1年12万円。これだけ節約で削るのは大変ですから、バカにできません。

ブログで月に1万円をめざしたい主婦の方におすすめの無料記事は、次の2つです。

ブログのアクセス数を最大限に増やす SEO 施策(EBC Lite)

ブログ初心者が100記事まで書き続けるための10段階講座(『クロネのブログ講座』)

わたし

ブログをはじめたばかりのころ、血迷って有料noteを買ったこともありますが、こちらの記事のほうがわたしにとっては有効でした……(涙)

なお、EBC Liteの無料記事を読むためにはメールアドレスの登録が必要です。

時間ができたら外でも働きたい

今はブログしかしていませんが、もう少し時間ができたら外でも働きたいと思っています。

インターネットで色々検索していると、「主婦でもブログやライティングで数十万円とか稼いでいる人がいていいな」と思われるかもしれません。

しかし、実際にやってみるとそんなに甘くはなかったです。わたしの才能の問題かもしれませんが……(汗)

わたしのブログの収益を入金ベースでグラフにしてみるとこんな感じ。最初の半年は、ほとんど入金がありませんでした。

ブログ収入の伸びを表したグラフ

それに、ある程度稼げるようになっても、検索条件の変更によるアクセス低下や案件の終了、ブロガー自身のネタ切れのリスクもあります。

ブログ1本にしぼるのは不安定で落ち着かないので、「外で働きつつブログもがんばる」というスタイルが自分には合っているのではないかと思っています。

まとめ


〈共働きフルタイムが無理なわが家の貯金アップ戦略〉

1. 夫の収入の安定のために精神面でサポートする

2. 時間を使えば節約できるところは節約する

3. すき間時間に働いて収入アップ


家族みんながしあわせに暮らすために、わが家にあった暮らし方や働き方をポジティブに模索中です!

わが家と同じような状況の方がこの記事を読んでいたら、いっしょに模索してみませんか?

関連記事

▼貯金歴10年のわたしがいつ・どうやってお金を貯めたかをまとめました

独身⇒DINKS⇒専業主婦で貯金歴10年。「いつ・どうやってお金を貯めたか?」をまとめました

2017.04.19

▼教育費が増えてくる前に、土台づくりをがんばりたいです

転勤族のわが家が、子どもの教育費で支出が増えても、お金を貯め続ける方法

2016.07.19



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA