子どもを連れてアクアパーク品川へ。子連れでの所要時間やおもな見どころを紹介します

もうすぐ3歳になる息子は水族館にハマリ中。7月にアクアパーク品川の年パスを買って以来、今までに5回も行っています。

子どもを連れてはじめての場所におでかけするときには、見通しを立てるために情報を収集しておきたいですよね。

この記事では、子連れでアクアパーク品川へ行くときの所要時間やおもな見どころを紹介します。

先に結論から言うと、イルカショーの待ち時間をのぞいて2時間もあればじゅうぶん回れます。

アクアパーク品川は1階と2階にわかれているので、それぞれの所要時間とおもな見どころについてくわしく説明していきますね。

1. 1階:多めに見積もって30分くらい

アクアパーク品川の1階のマップ

〈出典〉アクアパーク品川

1階は、多めに見積もって30分で回ることができます。

1階のおもな見どころは、次の3つです。

①「マジカルエントランス」のタッチパネル型水槽

「マジカルエントランス」のタッチパネル型水槽

「マジカルエントランス」ではタッチパネルを搭載した水槽があり、タッチすると生き物が動いたり、生き物の骨があらわれたりします。

子どもってこういう演出が好きですよね。多くの子どもたちが大人に抱っこされて、一生懸命にパネルをさわっていました。

②「コーラルカフェバー」の美しい熱帯魚

「コーラルカフェバー」の熱帯魚

「コーラルカフェバー」では美しい熱帯魚が見られます。光が効果的に使われているので、とってもキレイです。

アルコールやソフトドリンクが飲めるスペースもあります。

③「ジェリーフィッシュランブル」のクラゲ

「ジェリーフィッシュランブル」のクラゲ

「ジェリーフィッシュランブル」では、花火会場をイメージしたクラゲの展示をしています。

「ヒュー……ドン!」という花火の音とともに、部屋一面がパッと明るくなるので、まるで本当に花火会場にいるような気持ちになりワクワクしますよ。

2. 2階:多めに見積もって45分

アクアパーク品川の2階のマップ

2階は、多めに見積もって45分で回ることができます。

2階のおもな見どころは、次の3つです。

①「ワンダーチューブ」のノコギリエイやサメ

「ワンダーチューブ」のサメ

「ワンダーチューブ」では、チューブ型の水槽でノコギリエイやサメ、魚が自由に泳いでいます。

ほかにも、近くの水槽でウミガメなどを見ることができます。

②「ワイルドストリート」のペンギンやゴマフアザラシ

「ワイルドストリート」のペンギン

「ワイルドストリート」には、ペンギンやゴマフアザラシがいます。

ペンギンがお散歩したり飛び込んで泳いだりと、ダイナミックな動きが見られるので、見ていて飽きません。

③「リトルパラダイス」のカクレクマノミやチンアナゴ

「リトルパラダイス」のチンアナゴ

「リトルパラダイス」では、『ファインディングニモ』のモデルとなったカクレクマノミや、砂にもぐったり出たりをくり返すチンアナゴが見られます。

小さくてかわいいので、癒されます……。

3. イルカショー:待ち時間をのぞいて15分

アクアパーク品川のイルカショー

イルカショーは、待ち時間をのぞいて15分です。

イルカショーの待ち時間については、こちらの記事でくわしく書いています。

アクアパーク品川の混雑状況。平日・土日・夏休みのイルカショーの席の空き具合は?

2017.09.17

4. おみやげ売り場:30分くらい

アクアパーク品川のおみやげ売り場

最後に、おみやげ売り場が待っています。ここが結構難関……。

息子は長いときには30分くらい滞在します。

色々なおもちゃが体験できるので、ついつい欲しくなってしまうところを制止するのが大変です(汗)

まとめ


〈子連れでアクアパーク品川に行くときの所要時間〉

1. 1階:多めに見積もって30分

2. 2階:多めに見積もって45分

3. イルカショー:待ち時間をのぞいて15分

4. お土産売り場:多めに見積もって30分

⇒合計:イルカショーの待ち時間をのぞいて2時間でじゅうぶん回れる


アクアパーク品川は、都心にあるとは思えないほどたくさんの種類の生きものが見られる水族館です。

光や音を使ったオリジナルな展示がされているので、子どもも大人も飽きずに楽しめると思います。

これからアクアパーク品川に行かれる方の参考になればうれしいです。

関連記事

▼イルカショーの席の混雑状況について書いています

アクアパーク品川の混雑状況。平日・土日・夏休みのイルカショーの席の空き具合は?

2017.09.17



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。