アクアパーク品川の混雑状況。平日・土日・夏休みのイルカショーの席の空き具合は?

もうすぐ3歳になる息子は、ただいま水族館にハマリ中。7月にアクアパーク品川の年パスを買って以来、すでに7回も行っています(笑)

アクアパーク品川の目玉といえば、イルカショー。(※正式名称はドルフィンパフォーマンス)

子連れで行かれる方は、「イルカショーを見るためにはどれくらい待たなきゃいけないの?」と心配ではないでしょうか。

そこで、平日・土日・夏休みに行ったわたしが、アクアパーク品川のイルカショーの席の空き具合をレポートします。

この記事の内容は、わたしが行ったときの状況です。あくまで目安として考えてくださいね。

アクアパーク品川は品川駅から徒歩2分の水族館

アクアパーク品川の熱帯魚

アクアパーク品川は、品川駅から徒歩2分の近さにある水族館。子どもの足でも5分で着きます。

アクアパーク品川のアクセスを公式サイトで見てみる

館内は、ペンギンやゴマフアザラシ、エイや熱帯魚など……都心の水族館とは思えないほど、たくさんの水生生物がいます。

アクアパーク品川の目玉はイルカショー(ドルフィンパフォーマンス)

アクアパーク品川のイルカショーで、イルカがボールにタッチしている

たくさんの水生生物が見られるアクアパーク品川ですが、一番人気はイルカショーです。

アクアパーク品川のイルカショーは、光や音を使っていてエンターテイメント要素が満載。

上から水が降ってきたり、天井のボールにイルカがタッチしたりと、演出が凝っています。

イルカショーは室内で行われるので、暑い日や寒い日、お天気が悪い日のレジャーにも最適です。

イルカショーのスケジュールは時期によって異なる

イルカショーのスケジュールは、時期によって異なります。

お出かけのさいは、公式ホームページでスケジュールをチェックしていかれることをおすすめします。

アクアパーク品川のイベントプログラムを公式サイトで見てみる

イルカショーは1回15分。3歳の子どもでも最後まで楽しめる

イルカショーは1回15分。長すぎず・短すぎず、ちょうどいい時間配分です。

ショーのなかには観客が手拍子やおどりで参加する場面があるなど、飽きないくふうがされています。

もうすぐ3歳の息子はかなり落ち着きがない子ですが、今までに行った5回とも最後まで見ることができました。

▼手拍子でイルカショーに参加する息子

手拍子でイルカショーに参加する息子

濡れる席・濡れにくい席の2種類がある

アクアパーク品川のイルカショーでイルカが客席に水をかけている

イルカショーの見どころのひとつは、イルカたちがジャンプなどで客席に水をかけてくること。

最前列に座っている方にかかる水の量は、ガチで台風レベルです(笑)

「濡れたくない!」という方のために、濡れる席と濡れにくい席の2種類があります。

アクアパーク品川のイルカショーの客席の様子

1列目~4列目:濡れる席

1列目~4列目の背もたれのない席は濡れる席です。

5列目以降:濡れにくい席

5列目以降の背もたれのある席は濡れにくい席です。

ただし、イルカたちの調子によっては、5列目以降でも水がかかることがあります。(実際、5列目に座ったときには少し水がかかりました)

今までに最高7列目まで水を飛ばしたことがあるそうですので、「絶対に水に濡れたくない!」という方は8列目以降の席を確保してくださいね。

イルカショーの席の空き具合

わたしがアクアパーク品川に行ったときのイルカショーの席の空き具合は、次のとおりでした。

1. 7月の土曜日/10:30~の回

・濡れる席:開始直前でも座れた

・濡れにくい席:開始20分前にほぼ満席

2. 8月・夏休み中の平日/12:00~の回

・濡れる席:開始直前でも座れた

・濡れにくい席:開始20分前にほぼ満席

3. お盆の最終日/12:00~の回

・濡れる席:開始20分前にほぼ満席

・濡れにくい席:開始45分前にほぼ満席

4. 9月の平日/11:30~の回

・濡れる席:開始直前でも座れた

・濡れにくい席:開始直前でも座れた

5. 9月の連休中の日曜日/13:00~の回

・濡れる席:開始20分前にほぼ満席

・濡れにくい席:開始45分前にほぼ満席

6. 10月の平日/11:30~の回

・濡れる席:開始20分前にほぼ満席

・濡れにくい席:開始直前でも座れた

7. 11月の土曜日/11:30~の回

・濡れる席:開始20分前にほぼ満席

・濡れにくい席:開始直前でも座れた

濡れる席は直前でも座れることが多い

平日や夏休みなど、バラバラに6回行った感想としては、濡れる席は開始直前でも座れることが多いです。

ただし、お盆や連休には濡れる席でも開始20分前にほぼ満席だったので、混みそうな日に出かけられる場合には時間の余裕をもたれたほうがいいかと思います。

アクアパーク品川にお出かけのさいの対策

1. レインコートを持っていく(とくに子ども用は必携)

上で書いたとおり、濡れる席は空いていることが多いです。

そのため、最悪濡れる席になってもいいようにレインコートを持っていくことをおすすめします。

大人用のレインポンチョは100円で販売しているので現地調達できますが、子ども用のものは売っていないので、かならず持参してくださいね。

2. お菓子や昼食を持参する

夏休み中や休日は、イルカショーを見るために数十分間席で待つことが予想されます。

小さいお子さんだと待てない子もいると思うので、お菓子や昼食を持っていくことをおすすめします。

また、ぐずってどうしようもなくなったときのために、タブレットなども持っていくと安心ですね。

まとめ

平日・土日・夏休みにアクアパーク品川に行ったわたしが、イルカショーの席の空き具合をレポートしました。

お出かけのさいは、レインコートやお菓子などを持っていかれると、待ち時間も快適に過ごせると思いますよ^^

くり返しになりますが、上記はわたしが行ったときの状況です。あくまで目安として考えてくださいね。

関連記事

▼アクアパーク品川の所要時間やおもな見どころについて書いています

子どもを連れてアクアパーク品川へ。子連れでの所要時間やおもな見どころを紹介します

2017.09.17



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。