絵本の定期便「メルヘンハウスブッククラブ」を2年続けたレビュー。よかったこと4つをまとめました

わたしは自分自身の経験から、息子への知育として絵本の読み聞かせを最重要視しています。

しかし、子どもの年齢にあわせた良質な絵本を選ぶのって、意外とむずかしいですよね。

そこでわが家では、メルヘンハウスブッククラブという絵本の定期便を利用しています。

メルヘンハウスブッククラブを利用しはじめてから2年以上が経つので、レビューしたいと思います。

絵本の定期便とは?

絵本の定期便とは、子どもの年齢にあわせた良質な本が、毎月自動的に送られてくるサービスのことです。

わが家はメルヘンハウスブッククラブを利用していますが、ほかには次のような会社が絵本の定期便をおこなっています。

Ehon Club(絵本クラブ)

童話館ぶっくくらぶ

メルヘンハウスブッククラブとは?

メルヘンハウスブッククラブは、日本で最初の児童書専門店である「メルヘンハウス」がおこなっている絵本の定期便のことです。

店頭での子どもたちとのかかわりのなかで得たノウハウをいかして、配本を決めています。

コースはぜんぶで16種類もあるので、お子さまにぴったりのコースが見つかるはずです。

絵本の定期便をやってよかったこと4つ

1.自分ではぜったいに見つけられない良書が送られてくる

大きめの本屋さんに行けばわかると思いますが、絵本ってものすごい冊数があります。

大人向けの本は、アマゾンのレビューなどがある程度役に立ちますが、絵本って冊数が多いからかレビューが少ないんですよね。

たとえば、この2冊。

完全に主観ですが、わたしは本屋で見かけても買わなかったでしょう。。苦笑

でも、息子は大ハマリした本なんです。

このように、自分ではぜったいに見つけられない良書が送られてくるところが絵本の定期便の魅力です。

2.無理なく少しずつレベルアップできる

ひとくちに「絵本」と言っても、文字数やページ数がさまざまです。

それに、「この本って何歳むけなのか?」がイマイチわからない。

読みなれていないうちからいきなり難しい本にチャレンジしても、子どもは飽きてしまいます。(←息子も図書館の本で経験あり)

絵本の定期便の場合、本の難易度が少しずつ上がっていくので、無理なく長めの本が読めるようになっていきます。

▼0歳~1歳コースの前半(『みんなでね』)

▼0歳~1歳コースの後半(『おふろにおいで』)

▼0歳~1歳コースの前半(『こぐまちゃんとどうぶつえん』)

▼0歳~1歳コースの後半(『あのやまこえて どこいくの』)

3.幅広い知識を無理なく習得させられる

かたよりがなく色々な本が送られてくるので、子どもに幅広い知識を無理なく習得させられます。


〈絵本の題材〉

・トイレ

・お風呂

・食べもの

・バイバイ/こんにちは など


4.絵本をとおして、美しい日本語を伝えられる

日本語は、リズムや音の響きがとても美しい言語だとわたしは思います。

しかし、わたしとの日常会話で美しい日本語を伝えられているかというと・・とても自信がありません(苦笑)

そのため、絵本をとおして、日本語の美しさを感じてほしいなと思っています。

▼『おやすみ

▼『あのやまこえて どこいくの

お孫さんへのプレゼントとしてもおすすめ

わが家が利用しているメルヘンハウスブッククラブですが、実はわたしの母が息子に贈ってくれているんです。

個人的には、祖父母からいただくプレゼントのなかで一番うれしいです。

もちろん、おもちゃもうれしいのですが、ものによってはすぐに飽きてしまいますし、何よりかさばります。

絵本なら、2年分の配本をまとめても、無印良品のソフトボックス(角型・小)ひとつにギュっとおさまっています。

数回読んで飽きてしまった本も2~3冊ありますが、ほとんどは1冊あたり数十回はくり返し読みますから、コスパもバツグンです。

まとめ


〈絵本の定期便を2年続けてみて、よかったこと4つ〉

1.自分ではぜったいに見つけられない良書に出会える

2.無理なく、少しずつレベルアップできる

3.幅広い知識を無理なく習得させられる

4.絵本をとおして、美しい日本語を伝えられる


小さなお子さまやお孫さんのいる方に、絵本の定期便はおすすめですよ^^

わたしが利用しているメルヘンハウスブッククラブを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA