スマホ・タブレットを断捨離。断捨離してよかった4つのこと

4ヶ月前から、スマホもタブレットもない生活を送っています。

きっかけは単純なことで、「タブレット壊れちゃったから、一回使わないで生活してみようかな~」というくらいの軽い気持ち。

そしてスマホは、5年前から使っていません。

「スマホもタブレットもなしで、暮らせるのかな?」と思いましたが、自分にはあっているようで、思った以上に快適に暮らしています。

そこで今回は、スマホ・タブレットを断捨離してよかった4つのことについて書きます。

1. お金の節約

スマホ・タブレットを断捨離してよかったことの1つめは、お金の節約です。

タブレットに必要なお金は1日70円

タブレットに必要なお金は機種代です。

たとえばわたしが使っていたipadだと、機種代は約50,000円です。

わたしは使用頻度が高く、落としたりしてしまうこともあるので、いつも2年くらいしか持ちません( ;∀;)

そのため、2年間で50,000円とすると、ひと月2,100円/1日70円かかることになります。

わたしの場合、タブレットを持たないだけで、1日70円節約できるということになります。

1日70円の価値がある?

わたしは、専業主婦なので家にいることが多いです。

家にはパソコンもあるので、タブレットを持つ理由はありません。

外出しても子どもをみていないといけないので、外でタブレットを使うことはほとんどありません。

そうすると、「1日70円は高い」と判断したわけです。

大事なのは「自分にとって」価値があるか

ここで大事なのは、自分にとって価値があるかどうか?です。

たとえば、夏に1日中クーラーを使うと1日100円~150円くらい電気代が上がります。

でも、わたしはこの150円を高いとはまったく思いません。

150円払っただけで1日快適に過ごせるのですから、むしろ安いくらいだと思います。

このように、何でも節約すればいいというわけではありません。

「自分」という軸を持つことで、満足のいくお金の使い方ができると思います。

2. 睡眠の改善

スマホ・タブレットを断捨離してよかったことの2つめは、睡眠の改善です。

夜ぐっすり眠れて、朝すっきり起きられるようになりました。

タブレットを使っていたときの睡眠

タブレットを使っていたときは、ほぼ毎日、深夜に目覚めて1時間くらい起きていました。


〈タブレットを使っていたときの睡眠スケジュール〉

21:30⇒子どもを寝かしつける。寝落ちしなかったら、タブレットを触りはじめる

22:30 ⇒だんだん眠くなってくるので、就寝

1:00 ⇒目覚める。タブレットを触ってしまい、眠れなくなる

2:00 ⇒ふたたび就寝

5:30 ⇒目覚まし時計で起床。何となくすっきりしない


タブレットを断捨離したあとの睡眠

タブレットを断捨離してからは、夜中に起きることはほとんどなくなりました。


〈タブレットを断捨離したあとの睡眠スケジュール〉

21:30 ⇒子どもを寝かしつける。寝落ちしなかったら、Kindleで読書

22:00  ⇒だんだん眠くなってくるので、就寝

5:30   ⇒目覚まし時計なしで起床。目覚めすっきり


寝室にタブレットを持って行かなきゃいいんだけど・・できない(笑)

「寝室にタブレットを持って行かなきゃいいんじゃない?」って思いますよね。

でも、わたしはできなかったんです・・。

スマホ・タブレットを断捨離してよかったことの3つめにもつながるんですが、わたしはかなりのインターネット依存症です。

だから、「タブレットがあるのに使わない。しかも子どもが寝ているから使いたい放題なのに・・」というのは非常にストレスがたまるので、どうしてもできませんでした。

3. インターネット依存から少しだけ脱却

スマホ・タブレットを断捨離してよかったことの3つめは、インターネット依存症から少しだけ脱却できたことです。(ほんとに少しですが・・)

わたしは熱中しやすいほうで、ハマるととことんやりたくなります。

近年熱中していることのひとつは、インターネット。

ゲームをやったり動画を見たりはしないので、「何をそんなにやることがあるの?」と自分でも思うんですが、ついついやりたくなっちゃうんです。

インターネットが悪いわけではありません。

ただ、インターネットにハマりすぎている自分に対して違和感をもっていたんです。

インターネット依存症から少しだけ脱却できて、なりたい自分に少し近づけたように思います。

4. インターネットに使う時間の削減

スマホ・タブレットを断捨離してよかったことの4つめは、インターネットに使う時間が削減できたことです。

スマホ・タブレットを断捨離してもなお、好きなブロガーさんのブログを読んだり、ツイッターで交流したりしています。

ただ、タブレットを使っていたときよりも、使っている時間は短いと感じています。

パソコンのほうが読むのも書くのも早い

その理由は、読むブログの量やツイッターでの交流を減らしたからではありません。

パソコンのほうが早く読み書きできるからです。

スマホやタブレットはスクロールや画面の切り替えに時間がかかるので、1つの記事を読む時間が長くなってしまいます。

ツイッターのタイムラインもパソコンのほうが早く読めますし、ツイートするために打ち込むのも圧倒的に早いです。(わたしが最新デジタル機器を使いこなせないからかもしれませんが・・苦笑)

スマホ・タブレットを断捨離して困っていること

スマホ・タブレットを断捨離して困っていることは、思ったより少ないです。

しいてあげると、この2つくらいです。

1. 外出先でグーグルマップが使えない

方向音痴なので、これが一番困っているかもです(笑)

家で手書きの地図を書いていく手間が増えます。

2. LINEがパソコンでしか使えない

もともとLINEをほとんど使っていないので、実際にはあまり困っていません。(ママ友いないので・・苦笑)

今後、子どもが就園・就学すると、困ることもあるかな?と思っています。

困ることがあれば、またスマホかタブレットを再開するつもりです。

まとめ


〈スマホ・タブレットを断捨離してよかった4つのこと〉

1. お金の節約

2. 睡眠の質の向上

3.インターネット依存から少しだけ脱却

4. インターネットに使う時間の削減

〈スマホ・タブレットを断捨離して困っていること〉

1. 外出先でグーグルマップが使えない

2. LINEがパソコンでしか使えない


「スマホやタブレットなんて、やめちゃいなよ!」と決して言いたいわけではありません。

ただわたしは、スマホやタブレットに依存している自分にずっと違和感があり、なんだか好きになれなかったんです。

スマホもタブレットもやめて、Kindleで好きな本やマンガを読んでいるほうが、自分にあっていて心地いいです。

もし同じような違和感をもっている方がいたら、一度離れてみてもいいのかな?と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA