浪費家の夫が、給料日前におこづかいを使い切らないための2つの方法

浪費家の方って、おこづかいをあげるとすぐに使い切ってしまいませんか?

家族みんなが、決められたおこづかいの範囲内でやりくりしないと、家計管理がめちゃくちゃになってしまいますよね。

わが家は夫が浪費家なので、これまで2つの方法を使って、夫がおこづかいを使い切らないようにしてきました。結婚してもうすぐ3年になりますが、今のところ、追加でおこづかいを要求されたことは一度もありません

今回は、浪費家の夫が給料日前におこづかいを使い切らないための2つの方法について書きます。

1.毎週1万円ずつ渡す(分割支給)

夫のおこづかいは月に5万円ですので、1週間に1万円ずつ渡していました。1週間でも心配な人は、「1日●●円」からはじめてもいいと思います。

しかし、この方法には2つ欠点があります。

(1)1万円ずつ授受するのが面倒くさい

(2)1万円を何回渡したか分からなくなって、夫婦間でもめることがある(笑)

夫が以前よりおこづかいを計画的に使えるようになってきたので、今は2番目の方法を採用しています。

2.月初に4.5万円渡し、0.5万円は貯金(おこづかい積立)

月の初めに4.5万円渡し、残りの0.5万円は私が預かって貯金しておきます。1ヶ月を4.5万円でやりくりできれば、貯金が増えるだけですし、おこづかいが足りなくなれば、貯金からおろします。その貯金のことを、わが家ではおこづかい積立と呼んでいます。

また、ボーナスも「持っていると全部使ってしまう」とのことで、夫が指定した金額を、わたしが貯金しています。(※ボーナスの手取りの10%を、夫に渡しています)

夫いわく、私が管理することが大事だそうです。自分の口座に入れておくと、使ってしまうとのこと。

その貯金の現在の残高は・・54,940円です!独身時代貯金ゼロだった夫が、自分のおこづかいだけで貯めたお金としては、じゅうぶんすぎる金額だと思います。

夫がおこづかいを使い切ってしまうとお悩みの方へ

独身時代は貯金がまったくできなかった夫ですが、しくみを変えば貯められるようになってきました。お金を貯められるかどうかは、ご家庭にあったしくみを見つけられるかどうかにかかっています。

夫がおこづかいを使い切ってしまうとお悩みの方は、ぜひいちど「分割支給」か「おこづかい積立」をためしてみてくださいね。

▼ほかにも、わが家ではこんなしくみでお金を貯めてきました

〈参考記事〉夫のおこづかいは月5万円!浪費家の夫と仲良く節約できる理由は、おこづかいの金額と使い道

〈参考記事〉浪費家の夫と、1年で250万円貯めたDINKS時代!ぜったいにお金が貯まる、1つの方法