【特別費をボーナスで払っている方向け】特別費の予算の立て方3ステップ

わが家は、生活費・特別費・旅行積立の3本立てで家計管理をしています。

そのなかの特別費については、ボーナス払いをしています。

特別費とは、帰省費用や家電代などの「いつ・いくら発生するかわからない支出」のことです。

今回は、特別費をボーナスで払っている方向けに、予算の立て方を3ステップで紹介します。

1. 特別費の費目を決める

まず、特別費の費目を決めます。

特別費をボーナス払いするときのポイントは、この費目決め

「どれを特別費に入れてボーナスから払うか?」が重要です。

先に結論をしめすと、次のとおりです。

特別費の費目に入れるものは、この2つです。


本当にいつ、いくら発生するかわからないもの(冠婚葬祭など)

最悪の場合、なくせるもの/金額を減らせるもの(帰省・旅行・家電・被服など)


一方、次の2つは特別費には入れないようにします。

年払いしているだけのものは特別費に入れない

まず、ただ年払いしているだけのものは特別費に入れないようにします。

具体的には、保険料やNHKの受信料などがあげられます。

年払いしているお金は、本来毎月の固定費のはずですが、ボーナスで支払うことにより、あたかも固定費ではないように見えてしまいます。

不要な固定費を減らすことは、家計管理のなかでもとても大事です。

「固定費は固定費」とわかるように、生活費にいれて毎月の給料から積み立てるようにしたいです。

払えなくなったら生きていくうえで困るものは特別費に入れない

次に、払えなくなったら生きていくうえで困るものも特別費に入れないようにします。

具体的には、固定資産税や車検代があげられます。

これらの支出は、ある程度金額の予測が可能ですし、何より払えなくなったら困りますよね。

ボーナスはいつもらえなくなるかわかりません。

そのため、生きていくうえでぜったいに必要なお金は、生活費に入れて給料から積み立てるのがおすすめです。

費目を決めたら、年間予算を作る

費目を決めたら、年間予算を作ります。

参考までに、わが家の2017年の年間予算を紹介します。

特別費の予算は半年ごとに見直しているので、ほかの年のものは、家計簿公開の記事をご参照ください。

30代、子育て中の家計簿公開

毎回のボーナスを特別費用に取り分ける

費目と年間予算を決めたら、毎回のボーナスを特別費用に取り分けます。

このときのポイントは、多めに取り分けることです。

ボーナスは減らされたり、最悪もらえなくなることもあるからです。

わが家では、1年分以上の特別費を確保できるようにしています。

具体的な金額については、こちらの記事で公開しています。

【2016年夏-2017年夏】30代営業職のサラリーマン家庭。ボーナス支給金額と使い道を公開

2017.07.02

まとめ


〈特別費をボーナスで払っている方向けの予算の立て方〉

1. 特別費の費目を決める

2. 費目を決めたら、年間予算を作る

3. 毎回のボーナスを特別費用に取り分ける


特別費をボーナスで払うときのポイントは、費目決めです。

ボーナスは不安定な収入なので、本当にいつ・いくら発生するかわからないものや、最悪の場合減らせるものだけにしたいです。

特別費をボーナスで払っている方の参考になればうれしいです。

関連記事

▼わたしは特別費をボーナスで払うことがベストな答えだとは思っていません

特別費の管理方法は3つ。そのなかで、いちばんお金が貯まりやすい方法を教えます

2016.07.12

▼生活費の予算の立て方についてまとめています

【家計管理をはじめる方向け】自分にあった生活費の予算の立て方3ステップ

2017.05.26

▼わが家の家計管理についてまとめています

わが家の家計管理ルールまとめ。生活費・特別費・旅行積立の3つに分けて管理しています

2017.01.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA