イマイチ分からないふるさと納税を、わかりやすく説明!わが家がはじめて選んだ納税先は?

ふるさと納税」、言葉だけは聞いたことありました。でも何か面倒くさそうだし、イマイチよく分からないし、夫も興味ないみたいだし、まぁいっか・・、と放ってありました。

しかし、このブログをはじめてから、ふるさと納税をやっている方の多さにおどろき、「そんなにいいものなの?」と、真剣に調べました。すると、ふるさと納税をやらないなんてめちゃくちゃ損だとわかりました。

そこで今回は、ふるさと納税をまだはじめていない方のために、「ふるさと納税とは何か」について、詳しく説明します。

ふるさと納税って、何なの?

まず、ふるさと納税って何なのか、よくわかんないですよね。ふるさと納税のそもそもの意義や、税金の考え方などをはぶき、いちばん簡単に説明しますね。

ふるさと納税とは?

寄付の限度額までなら自己負担額がたったの年間2,000円で、好きな市町村に寄付できて、お礼の品がもらえちゃうんです!

自己負担額の2,000円を除く寄付額は、確定申告をすれば、来年度に銀行振り込み+住民税が減税されることにより、戻ってきます。だから、ふるさと納税をすることで、節税になるのです。

ふるさと納税について、もっとくわしく知りたい方は、こちらのページが参考になります。

〈参考〉ふるさと納税とは?(ふるさとチョイス)

さらに、面倒くさそうな確定申告をしなくていい場合もあります。くわしくは、こちらのページが参考になります。

〈参考〉2015年4月から確定申告不要のワンストップ特例制度開始!(ふるさとチョイス)

寄付の限度額はいくら?いつの年収で決まる?

年収600万円台、専業主婦+16歳未満の子ども+住宅ローンなしのわが家は、年間約7万円までの寄付額ならば、自己負担額2,000円で済みます。

ただし実際は、今年度の所得に応じて寄付の限度額が決まるので、正式な限度額は、12月に年収が確定するまでわかりません。寄付の限度額をこえてしまうと、こえた分は自己負担になるので気をつけてください。

寄附の限度額の目安は、こちらのページの表がわかりやすいです。ただし、ここに掲載されている表は、住宅ローン控除や医療費控除などの、ほかの控除を受けていない場合です。

〈参考〉全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安(総務省)

ほかの控除の控除をふくめて、くわしくシュミレーションされたい方は、こちらのページがおすすめです。

〈参考〉私はふるさと納税をいくらできる?~税金控除になる限度額の目安~(ふるさとチョイス)

ふるさと納税で、食費を削減したい!

ふるさと納税をするだけで、すばらしいお礼の品を送ってくれる自治体があります。わが家は、お金のかかる肉・魚・果物などを、ふるさと納税でいただき、食費を削減したい!と思っています。

そんなわが家が、初めてのふるさと納税に選んだのは、宮崎県都城市都城発梅肉ポークバラエティセットです!10,000円の寄付で、約2.4kgの豚肉が届く予定です♪

p_2235125edb3a2607a462d02ea892c63d0ff34

※画像はふるさとチョイスよりお借りしました

食費を減らしたいのなら、もっとふだんの食事に使えそうなセットもあったのですが、普段買えないような部位が入っていて、ワクワクするほうを選んでしまいました(苦笑)

▼届いたときのレポートはこちら。めちゃくちゃおいしかったのでおすすめ!

〈関連記事〉【ふるさと納税】宮崎県都城市の梅肉ポークバラエティセットをクックパッド人気レシピで大活用

申し込みはどこから?

わたしは、ふるさとチョイスから申し込みました。わたしはかなり機械オンチで、パソコンも苦手ですが、そんな私でも簡単に申し込みできましたよ♪