少ない枚数で安く作れる写真付き年賀状はグラムプリント!くわしい作り方と仕上がりを紹介します

わが家にはプリンタがありません。毎年年賀状づくりにしかプリンタを使わないので、今年断捨離してしまったのです。

そこで今年の年賀状はネット印刷にお願いすることに。わが家は夫婦で30枚くらいしか年賀状をつくらないので、少ない枚数で安く作れて、ステキなデザインの年賀状を探した結果、グラムプリント(GLAM PRINT)に決めました。

2017年ネット年賀状ランキング。少ない枚数の写真付き年賀状をつくるときに、一番安いのは?

2016.11.01

今回は、グラムプリントでの年賀状の作成方法と、実際の仕上がりをレポートします。

グラムプリント(GLAM PRINT)での写真付き年賀状のつくり方

まずは、グラムプリントでの写真付き年賀状のつくり方を説明します。

実際につくってみると、とってもカンタンです!

わたしは、市販の年賀状ソフトで年賀状をつくるのでさえ苦戦するレベルの超アナログ人間。

そんなわたしでも、グラムプリントの写真付き年賀状はすんなりとつくることができました。

1.右上の「ラインナップ」を押し、「年賀状」を選ぶ

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a01

2.年賀状をつくるの下の、「写真用テンプレートを選ぶ」を押す

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a02

3.24種類のテンプレートのなかから、好きなテンプレートを選ぶ

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a03

4.年賀状にタイトルをつける

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a010

5.青枠内をクリックする

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a011

6.パソコン(もしくはスマホ)内に保存されている写真が表示されるので、年賀状に使いたい写真を選ぶ

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a012

7.選んだ写真が表示されるので、ほかの枠内も同じように写真を選択する

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a013

トリミングする位置を変更したいとき

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a014

(1)取り込んだ写真をクリックし、「手」のマークを出す。(この画像では「手」のマークが出ていませんが、実際の作成画面には出ます)

(2)「手」のマークを上下に動かすと、写真が上下に移動できる。

(3)写真が希望の位置になったら「OK」を押す

写真を拡大したいとき

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a015

(1)取り込んだ写真をクリックし、編集画面に移動する。

(2)「エリアフィット」を100%に近づけると、写真が拡大される

(3)写真が希望の位置になったら「OK」を押す

8.住所・氏名の入力

(1)空白部分をクリックする

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a016

(2)テキスト欄(赤枠部分)に住所・氏名を入力し、テキストを更新をクリックすると、プレビュー画面(青枠部分)に入力した内容が反映される

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a017

(3)OKを押す

9.「宛名・確認画面へ進む」を押す

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a018

宛名を印刷してもらいたいとき

GLAM PRINTの公式サイトにマニュアルがのっているので、参考にしてください。

〈参考〉WEBアドレス帳について(GLAM PRINT公式サイト)

10.出来上がりを確認

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a019

よければ、「カートに入れる」をクリックして、終了!

グラムプリント(GLAM PRINT)の年賀状の仕上がり

ポストカードみたいでおしゃれ!

dsc02306

この写真からも伝わるかと思いますが、ポストカードみたいでおしゃれな年賀状が送られてきました!とってもステキで大満足です。

写真をそのまま貼り付けたような年賀状印刷とはちがい、本当に紙に印刷しているような仕上がりです。

グラムプリント独自の「合紙はがき」という技術を使っているからこそ、この仕上がりが実現するそうです。

合紙はがきとは?

合紙はがきとは、はがきと紙を特殊な技術で貼り合わせたはがきのことです。

宛名面は年賀はがきでありながら、絵柄面は風合いがあり、送った相手に気持ちの伝わる上質な仕上がりを実現できます。手に取ると分かる、高級感のある厚みと優しい手触りが自慢です。

ツヤあり印刷とツヤなし印刷が選べる

鮮やかさのきわ立つ「ツヤあり」印刷と質感を楽しむ「ツヤなし」印刷が選べます。

わが家が選んだのはツヤなし印刷。ツヤなし印刷は、和紙のようにザラザラとした手ざわりで、紙の上質さが伝わる仕上がりでした。

印刷タイプの選び方

鮮やかな着物やドレス、しっかりとした色味のある写真にはより色のきわ立つ「ツヤあり」、淡い色合いや優しい雰囲気の写真、インスタグラムなどの味のある写真には紙の質感を楽しめる「ツヤなし」がおすすめです。

まとめ

グラムプリントで年賀状をつくるのはとってもカンタン!市販の年賀状ソフトで毎年苦戦していたわたしでも、すんなりと作れました。

グラムプリントの仕上がりはポストカードみたいでおしゃれ!紙の上質さが伝わってくるステキな年賀状ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA