ストライダー・D-Bike・へんしんバイクS。身長が低い2歳児でも乗れるバランスバイクはどれ?

わたしの子どもはもうすぐ2歳。夫と、子どもの誕生日プレゼントは何にしようかな?と相談している最中です。

2歳の誕生日プレゼントの候補のひとつは、ストライダーをはじめとするバランスバイク!

他の子がもっている自転車や三輪車に乗りたがる息子に、2歳になったらバランスバイクを買ってあげたいと考えていたのです。

Photo credit: StriderBikes via Visualhunt / CC BY-ND

バランスバイクとは?

4958612436_dabe90a746_z
Photo credit: clarkmaxwell via VisualHunt / CC BY-NC-ND

バランスバイクとは、上の写真のように、ペダルがついていない二輪車のこと。足で蹴って進みます。

キックバイクや、ランニングバイクとも呼ばれます。

わたしがストライダーを買ってあげたい理由は、乗っている子を見ていると、とにかく楽しそうだから。わたしが乗ってみたくなるくらい(笑)

あとは、三輪車に比べて長く使えそうなところが魅力ですね。公園で見ていると、三輪車は3歳までには使わなくなっている子が多いですが、バランスバイクは4~5歳の子が乗っています。

ストライダー・D-Bike・へんしんバイクSの高さを比較

そういうわけで、息子の2歳の誕生日にはバランスバイクをプレゼントしたいのですが、ひとつ問題が。

わが子は、身長がとっても小さいのです!

男の子の成長曲線の下限ギリギリで、身長80cmくらい・股下28cm~29cmしかありません(涙)

そこで、身長が低い2歳児でも乗れるバランスバイクはどれか、調べてみました!

比較したのは、公園で使っている子をよくみる3つのメーカー、ストライダー・D-Bike・へんしんバイクです。すべて、対象年齢が2歳からのバランスバイクです。

ストライダーは、身長何センチから乗れる?

ストライダーとは?

バランスバイクのなかで、いちばん人気なのがストライダーです。

アメリカで生まれて、日本に輸入されたことで、日本でもバランスバイクが流行りはじめました。

ストライダーには、2つのモデル(クラシックモデルとスポーツモデル)があります。

クラシックモデル

クラシックモデルは、ストライダーのエントリーモデル。

ストライダーには、身長の目安がありません。ストライダーのお問い合わせ窓口から問い合わせたところ、次のような回答をもらいました。

シートに座って地面に足裏部分が付き、膝が軽く曲がる程度の余裕があれば操作に問題ないと考えられます。

エントリーモデルのシート調整範囲は、30cm~45cmです。つまり、股下30cmと少しが必要だということになります。

また、次に紹介するD-Bike KIXが、股下30cmで身長の目安が85cmなので、ストライダーのエントリーモデルも身長85cmが目安だと考えられます。

 

 

スポーツモデル

スポーツモデルは、クラシックモデルよりも高機能です。

口コミを調べたところ、クラシックモデルよりもスポーツモデルをすすめている方が多かったです。

〈参考〉・ストライダークラシックモデルとスポーツモデルの違いとおすすめについて(おすすめ子供用自転車)

〈参考〉ストライダーが新モデルを発売!スポーツモデルをおすすめする5つの理由(りけままチョイス)

スポーツモデルのシート調整範囲は、32cm~55cm。目安としては、股下32cmと少しから乗れることになります。

 

D-Bike KIXは、身長何センチから乗れる?

D-Bike KIXのシート調整範囲は、30~39cm身長の目安は85cmからです。

股下30cmと少しから乗れることになるので、ストライダーのエントリーモデルと同じ高さです。

D-Bike KIXとは?

D-Bikeは日本製のバランスバイク。

三輪車や子ども用の自転車をつくっている「アイデス」がつくっています。

D-Bike KIXとストライダーとの違いを比較

・D-Bike KIXはストライダーより1kgくらい重い(ストライダーは約3kg、D-Bikeは約4kg)

・D-Bike KIXにはスタンドがついている

・D-Bike KIXにはブレーキがついている(ただし2歳ではブレーキはかけられない)

 

 

へんしんバイクSは、身長何センチから乗れる?

%e3%81%b8%e3%82%93%e3%81%97%e3%82%93

※画像は公式HPよりお借りしました

へんしんバイクのシート調整範囲は、32cm ~ 45cm

目安としては、股下32cmと少しから乗れることになるので、ストライダーのスポーツモデルと同じ高さです。

へんしんバイクSとは?

へんしんバイクSは、その名の通り、「自転車にへんしんできる」バランスバイクです。

バランスバイクとしても使えるし、ペダルを付けると自転車にもなります。

へんしんバイクに慣れてからペダルを付けて自転車にへんしんさせると、30分で乗れるようになるというのが、へんしんバイクのいちばんの魅力。

3歳から乗る子はへんしんバイク。2歳から乗る子はへんしんバイクSが適しています。

へんしんバイクSのデメリットは重いこと

バランスバイクにも自転車にもなる魅力的なへんしんバイクSですが、1点だけ大きなデメリットがあります。

へんしんバイクSは重いんです。

ストライダーが約3kg、D-Bikeが約4kgなのに対し、へんしんバイクSは約5kg。

わが家は自動車を持っていないので、へんしんバイクSは持ち運びが大変かなと思い、候補から外しました。

身長の低い2歳児には、どのバランスバイクを選ぶ?

〈バランスバイク人気の3メーカーの高さを比較した結果〉

・ストライダーのエントリーモデルと、D-Bike KIX:股下30cmと少し・身長85cmが目安。

・ストライダーのスポーツモデルと、へんしんバイクS:股下32cmと少しが目安。

いちばん低いバランスバイクでも、身長の目安が85cm~なので、2歳で身長80cmの息子が乗れるようになるのは2歳半くらいということになります。

そこで、誕生日に合わせるのはやめ、身長が伸びたところで買うことにしました。

わが家の候補は、D-Bike KIXか、ストライダーのスポーツモデル。そのときの身長に合わせて決めます。

身長85cmから乗れるD-Bike KIX(ディーバイク キックス)を調べてみる

口コミでの人気が高く軽量なストライダーのスポーツモデルを調べてみる