普通の専業主婦がFP3級に独学で合格!勉強法・おすすめの参考書・勉強時間

わたしは1歳の子どもを子育て中の専業主婦。

学生時代も外国語学部でしたし、会社員時代もお金とは無縁の仕事をしていました。

そんな普通の専業主婦のわたしでも、2016年9月に実施された、日本FP協会主催のFP(ファイナンシャルプランナー)3級試験(資産設計提案業務)に独学で合格できました。

今回は、普通の専業主婦のわたしが、FP3級を受検した目的・勉強法・おすすめの参考書・勉強時間を公開します。

FP3級を受検した目的

わたしがFP3級を受検したきっかけは、このブログです。

お金のことを中心にしているこのブログを書いているうちに、役に立つ記事を書くためには、お金についての包括的な知識を増やす必要があると感じ、FP3級を受けました。

社会保険・公的年金・民間保険・資産運用・税金・不動産・相続・贈与といった、生きているうちに必ず必要になってくるお金の知識が勉強できるのが、FP試験です。

FP3級の難易度

FP3級の難易度は、けっして高くありません。どのサイトを見ても、「やさしい」という評価です。わたしもその通りだと思いますが、あなどってはいけません。

お金に関する仕事にたずさわっている方や、日ごろからお金の勉強をしている方でなければ、ノー勉はだめです!

きちんと勉強すれば、ほぼ間違いなく合格する試験だということです。

FP3級の勉強法・勉強時間

0.参考書を準備する

わたしのように、お金の知識と無縁だったの方がFP3級を受検するなら、参考書は必須です。

わたしは、『みんなが欲しかった!FPの教科書3級』を使いました。

この参考書1冊だけで合格できましたので、買ってソンはありません。

1.参考書を読み、練習問題を解く:10時間

まずは参考書を読みます。大事なのは、最初の参考書読みに時間を使いすぎないことです。

読んだだけで内容が頭に入るひとは、少ないです。多くの方は、問題を解いているうちに、だんだんと頭に入っていくものです。

そこで、問題演習をする時間をたっぷりとるために、参考書読みはあくまでざっくりと行いましょう。

『みんなが欲しかった!FPの教科書3級』には、各章の終わりに練習問題がついていますので、参考書を読みながら、練習問題も解きましょう。

1回目の参考書読みと、練習問題演習で、10時間くらいかかりました。

2.過去問を解き、わからなかった問題をマーク:2時間×7回

参考書読みが終わったら、過去問を解いて、答え合わせをします。

過去問は公式サイトに掲載されています。

〈参考〉日本HP協会主催のFP3級を受検する方→試験問題・模範解答

〈参考〉きんざい主催のFP3級を受検する方→試験問題模範解答

間違えた問題とわからなかった問題については、参考書の該当箇所にマークします。

dsc02013

この作業は、1回2時間くらいかかりました。

過去問はHPに掲載されている分をすべて解きましたので、2時間×7回で14時間くらい勉強しました。

過去問を解いているうちに、FP3級試験の傾向に気づくはず

過去問を解いていると気づくと思いますが、FP3級の試験は傾向があります。過去問を解いて、参考書をマークすると、「あれ、これさっきも見たな」というのが増えていくはずです。

わたしは過去問を解きはじめた当初、65%くらいの得点しかとれませんでしたが、5回目くらいで、85%くらいとれるようになりました。

3.マークした箇所を中心に、参考書を読みなおす:4時間×2回

過去問を解きおわったら、マークでいっぱいの参考書ができているはずです。

その参考書を、マークした箇所を中心に読みなおします。

過去問をたくさん解いたおかげで、いちばん最初に参考書を読んだときより、するすると頭に入ってくるはずです。

わたしは参考書を2度読みなおし、4時間×2回で8時間くらいかかりました。

プラスα:問題集をとく

わたしはしませんでしたが、ここまでの勉強で不安がある方は、問題集をとくことをおすすめします。

『みんなが欲しかった!FPの教科書 3級』の、問題集バージョン『みんなが欲しかった!FPの問題集 3級』も発売されています。試験会場では、この問題集を使っている方を多く見かけました。

FP3級の採点結果

わたしの採点結果はこちら。合格ラインは、どちらも60%ですから、余裕をもって合格できました。

・50点/60点(得点率:85%)

・95点/100点(得点率:95%)

子育て中にFP3級を勉強した方法

わたしには、1歳の子どもがいます。子育て中ってなかなかじぶんの時間がとれなくて、勉強する時間もないですよね。

わたしは、参考書を読むのは子どもと遊びながら、過去問をとくのは週末を中心に行いました。

週末、夫に子どもをみてもらえなかったら、子どものお昼寝タイムを使うしかなかったと思います。(お昼寝タイムは通常、ブログの更新をしています)

まとめ

〈普通の専業主婦のわたしがFP3級を独学で合格した勉強法と勉強時間〉

1.参考書をざっくり読む:10時間

2.過去問をとく&わからなかったところをマーク:2時間×7回分

3.マークしたところを中心に参考書を読みなおす:4時間×2回

合計:32時間

こちらの記事もおすすめです

ほかのブロガーさんのFP3級の勉強法もぜひ参考になさってください。とくに、予備知識がある方にとっては、こちらのブロガーさんの記事のほうが役に立つと思います。

〈参考〉FP3級試験に独学合格した勉強方法まとめ(FPウェブシュフ)

〈参考〉【体験談】FP技能検定3級は独学で十分!節約系ブロガーの必修科目(書庫のある家.com)

まずは参考書がなければ、はじまりません!

わたしはこの1冊だけで合格しました。説明がわかりやすいので、おすすめです。