浪費家の夫がはじめての「やっぱこれ、買うのやめるわ。」その理由は、意外なことだった!

わたしの夫は浪費家で、独身時代はいつも貯金ゼロでした。

結婚しても、その浪費体質はなかなか治らず、使わないモノを買うことはしょっちゅう。大きいモノだと、i phone 5Sを持っているのにタブレットタイプのXperia Z(2.5万円)、スロージューサー(2.5万円)、Boseのスピーカー(3万円弱)など。

わたしはこれらのモノを買うときに、「それ、使わないだろうから買うのやめなよ~」

でも、言ってもムダなんです。「使うか使わないか」よりも、「欲しい」という気持ちが勝ってしまい、結局買ってしまいます。

だから、もう、言わないことにしました。その代わり、おこづかいを多めに(月5万円と、ボーナスの手取り10%)渡して、おこづかいの範囲内でやりくりしてもらっています。

夫のおこづかいは月5万円!浪費家の夫と仲良く節約できる理由は、おこづかいの金額と使い道

2016.03.16

おこづかい払いで、10万円のクロスバイクを契約してきた浪費家の夫。そのとき、妻はどうする?

2016.07.04

あらたに欲しいものが出てきた夫

そんな夫が、最近、相談してきました。

「ジェットウオッシャーが欲しいんだけど、どう思う?自分のおこづかいで買うから・・」

ジェットウオッシャーは、糸のフロスの代わりに使う、水圧で歯間の汚れをとる電化製品です。

わたしはこう答えました。

「絶対に使わないと思うけど、おこづかいで買うならいいよ。」

ジェットウオッシャーのしくみを聞いたときに、わたしにはわかりました。

「絶対に使わない」と。

ズボラ夫婦のわたしたちの場合、こういうたぐいのものは、常に使えるように外に出ていないと使わないんですよ。しかし、賃貸暮らしの狭い洗面所には、こんな大きなものを置くスペースはありません。

わたしの勘は、当たります。

XperiaZは、1ヶ月使っただけ。スロージューサーにいたっては、5回使っただけです。だから夫の了承を得て、リサイクルショップで買い取ってもらいました。

Boseのスピーカーだけはまだ家にありますが、1ヶ月に1回くらいしか使っていません。買ってから約2年。30,000円くらいしたので、1回あたり1,000円以上かかってることに・・(30,000円÷24ヶ月)

だけど、こういう論理的な説得は、夫には通用しません。「使う使わない」よりも、「欲しい」が勝ってしまうからです。だから、「絶対に使わないと思うけど、おこづかいで買うならいいよ。」になるわけです。

浪費家の夫が、まさかの「やっぱ買うのやめるわ」

「あーあ。また使わないものが増えるなあ~・・」と思っていた矢先に、びっくりすることが起こりました!

夫が、「やっぱりジェットウオッシャー、買うのやめるわ」と言ってきたのです!こんなのははじめてです。

浪費家の夫が、欲しいものをガマンできた理由は、なんだと思いますか?それは、とっても意外なことだったのです!

浪費家の夫が欲しいものをガマンできた理由

浪費家の夫が欲しいものをガマンできた理由は、なんとこのブログです!

このブログは、身内のなかで唯一、夫だけが読んでいます。夫のことを書いているので、事実と異なることを書かないように、夫にもチェックしてもらっています。

夫がこのブログを読んだことで、次の3つの効果があったそうです。

1.自分の浪費癖や、お金についての失敗について、客観的にみることができた

2.私がこっそり節約にはげんで、毎月きっちりと貯金していることに気づいた(←このブログを読むまで、夫は家計簿や口座の残高を見たことがありませんでした)

3.私が参加している家計管理・貯蓄ブログランキングのブログをいくつか読むようになり、他の方のがんばりに刺激をうけた

このブログをはじめて良かったことは色々ありますが、この効果にはまったく期待していませんしたので、びっくりです。

夫が浪費家で困っている方は多いと思いますが、ブログという手段で間接的にはたらきかけるというのは、意外に効果があるのかもしれません。浪費家の夫は、直接的に「お金使いすぎ!」って攻撃されるのを、ほんとうに嫌がりますからね・・(苦笑)