ビルケンシュトックの白いサンダルを1シーズン履いたら、どれくらい汚れた?画像公開します

ビルケンシュトックのサンダル(アリゾナ・ホワイト)を履きはじめてから、約3ヶ月。1シーズンが経ちました。足なじみがよく、とてもはきやすいので、週3・4回履いています。

以前、「ビルケンシュトックの白いサンダルは汚れる?お手入れの方法は?店員さんに聞いてきた 」という記事を書いたら、検索で訪問してくださった方が多くいました。わたしもビルケンシュトックの白サンダルを購入するときに、「白って汚れやすそうだけどどうなんだろう」と心配だったので、同じようにお考えの方が多いのだなと実感しました。

ビルケンシュトックの白いサンダルは汚れる?お手入れの方法は?店員さんに聞いてきた

2016.06.21

そこで今回は、ビルケンシュトックの白サンダルを1シーズン履いたら、どれくらい汚れたかについて、画像を公開します。

ビルケンシュトックの白サンダルを1シーズン履いたら、どれくらい汚れた?

履く前の写真

まずは、まだ履いていない状態の画像から。こちらです。

DSC01553 DSC01554

1シーズン、週3・4回履いた後の写真

次に、1シーズン、週3・4回はいた後の画像が、こちら。

DSC01944 DSC01950

白いベルトの部分はキレイなまま

白いベルトの部分は、ほぼ新品同様のキレイなままです。白いベルトの部分は、合皮でできています。

購入時に店員さんから聞いたアドバイスにしたがい、白いベルトの部分は、汚れたらウェットティッシュでふきとるようにしています。また、子どもとの公園遊びや水遊びなど、汚れそうなところでは履いていません。

インソールは黒ずんできました

写真からもわかると思いますが、ベルト部分がキレイなのに対し、インソール(スエードライナー)は黒ずんできてしまいました。足のカタチに・・(涙)インソールなので、はいてしまえば他の人からは分かりませんが。

ビルケンシュトックのホワイトは、インソールがベージュなので、汚れが目立ちやすいですね。インソールはスエードでできているので、洗ったりすることはできません。

この汚れが気になる方は、ブラックかダークブラウンをえらぶ方がいいかもしれません。ブラックとダークブラウンは、インソールが濃い茶色ですから。

▼ブラックとダークブラウンは、インソールが濃い茶色

▼ホワイトは、インソールがベージュ色

インソールの汚れが気になる方は修理できます

インソール(スエードライナー)の汚れが気になる方は、有償ですが修理もできます。スエードライナーの張り替えは、4,000円です。

ただし、ソール部分もすりへってしまっていると、ソールの交換も必要になります。その場合にはオールソール交換で、別途4,500円必要になります。

そうなると、全部で8,500円もかかってしまい、新品を買ったほうが安い場合もありますので、修理の際はご注意くださいね。

〈参考〉修理サービスについて(ビルケンシュトック公式サイト)

まとめ

Q:ビルケンシュトックの白サンダルを1シーズンはいたら、どれくらい汚れた?

A:見かけ上はほとんど新品そのまま。ただしインソール(スエードライナー)だけ汚れた

インソールは汚れたものの、他の部分は1シーズン履いても新品同様にキレイなまま。とても履きやすくて、服にも合わせやすいので、トータルとしては買って正解でした。

ビルケンシュトックの白いサンダルを検討中の方の、参考になればうれしいです。