【WiMAXの乗り換えで損しない方法】ワイヤレスゲートを解約し、Biglobeに乗り換えた流れ

今月(2016年8月)は、わが家がワイヤレスゲートで契約したWiMAXの更新月です。

わが家は通信費節約のために、WiMAXをフル活用しています。今WiMAXを使っていて、これからもWiMAXを使い続けたい方は、更新月に別のプロバイダに乗り換えるべきです。

具体的には、Biglobe、UQコミュニケーションズ、GMOのどれかに乗り換えるのをおすすめします。理由は、更新月以外に解約すると、前でも後でも、違約金がかかるからです。そのためわが家は、今月ワイヤレスゲートを解約し、Biglobeで再契約しました。

今回は、ワイヤレスゲートのWiMAXを解約し、Biglobe WiMAX2+で再契約するときの、損しない方法をまとめます。

ワイヤレスゲートのWiMAXからBiglobe WiMAX2+に乗り換えるときの損しない方法

ワイヤレスゲートのWiMAXからBiglobe WiMAX2+に乗り換えるときの損しないための流れは、次の通りです。

0.乗り換え先のプロバイダを決める(我が家はBiglobe)

1.Biglobe WiMAX2+を契約

2.Biglobe WiMAX2+の端末が届いて、設定し、つながるか確認

3.すぐにワイヤレスゲートのWiMAXを解約

1~3までのプロセスを、ワイヤレスゲートの更新月に終わらせるのが、とても大事です。くり返しになりますが、WiMAXは、更新月の前でも後でも、解約するときには違約金がかかります。違約金がかからないのは、更新月だけなんです。

WiMAX解約時の違約金のルール

WiMAXでは、端末を受け取った月の翌月を1ヶ月目とした場合、解約月によって次のように解約金がかかります。

・1~12ヶ月目:19,000円(税抜)
・13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
・25ヶ月目(更新月):0円
・26ヶ月目~:9,500円(税抜)

なんか分かりにくいですよね・・なので具体例を。わが家は2014年7月に端末を受け取っているので、更新月(25ヶ月目)は2016年8月です。更新月は、端末を受け取った月の、2年と1ヶ月後、ってことですね。

※正直・・ありえないしくみだと思います。なぜ更新月の後でも、解約金がかかるの??

0.乗り換え先のプロバイダを決める

WiMAXを使うためには、プロバイダとの契約が必要です。プロバイダとは、インターネットへの接続サービスを提供する事業者のこと。今のお使いのWiMAXから、別のWiMAXへ乗り換えるためには、まずプロバイダを決めましょう。

WiMAX2+のプロバイダで代表的な会社は、Biglobe、GMO、UQコミュニケーションズ。この3つは、インターネットからの申し込みです。

WiMAXは、家電量販店の店頭でも、申し込めます。わが家が契約していたワイヤレスゲートは、ヨドバシカメラで申し込んだ場合のプロバイダですが、家電量販店でWiMAXを契約することは、まったくおすすめできません!!

【体験談】WiMAXをヨドバシカメラで契約するのは、料金面からもサポート面からもおすすめしません!

2016.06.11

WiMAXを契約するなら、インターネットからの申し込みが断然おトク。GMO、Biglobe、UQコミュニケーションズの違いについて詳しく書いてあるサイトはたくさんあるので、このサイトでは省きますが、我が家がBiglobeを選んだ理由を簡潔に書くと、

・月額料金が安め(安い GMO<Biglobe<UQ 高い の順)

・キャッシュバックが受けやすい(20,000円のキャッシュバック。アンケートに答えるだけ)

・サポート体制が良い(365日・10-19時に電話相談OK)

1.Biglobe WiMAX2+を契約

Biglobe WiMAX2+の契約方法を説明します。

(1)Biglobe WiMAX2+の申し込みページにアクセス

(2)料金プランを選ぶ

wimax01

(3)端末を選ぶ

wimax02

(4)特典を選ぶ

wimax04

(5)必要事項を記入

wimax05

(6)申し込み情報を確認(1/2)

wimax07 wimax08

(7)申し込み情報を確認(2/2)

wimax09 wimax11

2.Biglobe WiMAX2+の端末が届いて、設定し、つながる確認

わが家は、8/1に申し込み、2日後の8/3に端末が届きました!はやい!(通常2日~1週間でお届け。在庫状況により、遅れる場合があります)

Biglobe WiMAX2+の端末が届いたら設定し、つながるか確認してください。

(1)2016年8月1日申し込み受付

mail01

(2)2016年8月2日発送

mail02

(3)2016年8月3日端末受け取り

mail03

3.すぐにワイヤレスゲートのWiMAXを解約

新しいプロバイダのWiMAXの端末が届いて、つながることを確認したら、すぐにワイヤレスゲートを解約しましょう。ワイヤレスゲートは日割り計算ありなので、早く解約した方がおトクなんです。

ワイヤレスゲートの解約方法

ワイヤレスゲートの解約方法は、2つあります。

(1)電話で解約(10:00~18:00)
(2)インターネットで解約(アドレスはこちら

〈参考〉退会(解約)方法が分からない(ワイヤレスゲート公式サイト)

WiMAXの乗り換え費用

ワイヤレスゲートのWiMAXからBiglobe WiMAXに乗り換えたことで、更新月にかかった費用は、合計3,727円です。

〈内訳〉
・ワイヤレスゲートの使用料金(日割り):3日分で487円
・Biglobeの申し込み手数料:3,240円
・Biglobeの使用料金:初月無料のため0円

いちばん大事なことをもう一度くり返します

WiMAXの乗り換えでいちばん大事なことをもう一度繰り返します。それは、必ず更新月に乗り換えること!とくに、解約する方のプロバイダは、かならず更新月に解約してください。ここを間違えると、めちゃくちゃ損してしまうので、気をつけてくださいね。

▼月額料金・キャッシュバック金額・サポート体制のバランスが良い、Biglobe WiMAX2+の申し込みはこちらから