うれしかった出産祝いと、もらって困った出産祝いをセキララに書きます

出産祝いを選ぶのって、むずかしいですよね。本当は、出産祝いをプレゼントする方に希望を聞くのがベストですが、そういうシチュエーションばかりではないですし。

わたしも自分が子どもを出産する前は、出産祝いって何がいいのかわからず困りました。今思うと、かなり必要ないものをあげていたな~と思います(苦笑)

今回は、出産前のわたしと同じ悩みをお持ちの方のために、自分がもらってうれしかった出産祝いと、ちょっと困った出産祝いをセキララに書きます。

出産祝いにもらってうれしい、おすすめプレゼント3つ

1.80cmサイズ&セパレートタイプの洋服

洋服を選ぶなら、80cm以上のサイズでセパレートタイプが断然おすすめです。

個人差はありますが、50cm~70cmの洋服は、すぐにサイズアウトしてしまいます。80cm以上の洋服は長く着れるので、喜ばれます。また、80cm以上の洋服は、50~70cmの洋服に比べて数が多いので、気に入ったものを選びやすいです。

また、80cm以上の洋服をおくるときには、つなぎのタイプは止めたほうがいいです。80cmの洋服を着るときには、子どもが動き回るようになっているので、つなぎのタイプだと着させるのがめんどうなんです。

子供の肌にふれるものなので、アウターとかでないなら、綿100%のものを選ぶと喜ばれます。

▼プチバトーの洋服は、おしゃれでかわいいものがたくさん♪よろこばれること間違いなしです

2.肌ざわりのいい、タオル・スタイ

タオルやスタイは、たくさんあっても困りません。消耗品なので、実用的。

しかも、万が一相手の方が気に入らなくても負担になりません。「ボロボロになるまで使ったから捨てた」ということにすればいいですからね。

「D BY DADWAY」タオルやスタイは、実用的でかわいいので、とてもおすすめです。別記事でくわしく書いているので、ぜひ参考にしてください。

〈参考記事〉【予算5,000円】かわいくて実用的な出産祝いなら、D BY DADWAYのタオル&スタイで決まり!

3.現金・商品券

正直に言うと、やっぱり現金や商品券がいちばんうれしいです。親戚や会社の元上司からは、現金を頂きました。現金や商品券を贈ってもおかしくない間柄なら、現金もしくは商品券がおすすめですね。選ばなくていいので、贈る側の負担も少ないですし。

Amazonのギフト券だと、”お金”という感じがやわらぐので、贈りやすいと思います。出産後はオムツを買ったり、ミルクを買ったりと、Amazonを活用するようになるので、とても喜ばれますよ。

出産祝いにもらって、ちょっと困ったプレゼント3つ

1.サイズ50 – 60cmの洋服

サイズ50cm-60cmの洋服は、あっという間にサイズアウトしてしまいました。出産準備品として事前に購入していることも多いので、出産祝いとしてはやめたほうがいいです。

2.離乳食セットや授乳クッション等の、ひとつだけ必要なもの

知人が出産祝いに離乳食セットを3つもらって、使い道に困っていました。ひとつだけ必要なものは、かぶると困るのでおすすめしません。

具体的には、離乳食セットや授乳クッション、授乳ケープやおむつケースはおすすめしません

3.おもちゃ

赤ちゃんに贈るおもちゃとしては、ガラガラやぬいぐるみが一般的ですよね。一般的であるからこそ、ガラガラやぬいぐるみは何個もいただいて、かぶることが多かったです。

私の子どもに限って言えば、おもちゃよりも日用品が好きな子なので、あまり食いつかず、かといって処分することもはばかられ、ちょっと困っています。

まとめ

おすすめの出産祝いは、この3つ!

1.80cmサイズで、セパレートタイプの洋服
2.肌触りの良い、タオル・スタイ
3.現金・商品券

出産祝い選びで困っている方の参考になればうれしいです。