浪費家の夫と、1年で250万円貯めたDINKS時代!ぜったいにお金が貯まる、1つの方法

わが家は1年間のDINKS時代で、約250万円貯めました。その方法はたったひとつ。妻の収入は全額貯金し、夫の収入だけで生計を立てたことです。

DINKS時代は圧倒的に貯めやすい!

わたしはひとり暮らしの独身時代、結婚してからのDINKS時代、そして子育て中の専業主婦と、3つのステージで貯蓄に取り組んできました。その結論として言えることは、DINKS時代は圧倒的にお金を貯めやすい!ということです。

ひとり暮らしは貯めやすそうに見えますが、案外貯めにくいというのが、わたしの感想。なぜなら、光熱費は2人暮らしとさほど変わりませんし、作りすぎてしまったり、腐らせてしまったりして、食費も高くつくからです。

一方、DINKS時代は、家賃・光熱費・食費などの観点から考えて、圧倒的に有利。そのため、ご結婚予定の方や今DINKSの方がこのブログを読んでくださっていたら、伝えたいことがあります。

これからご結婚予定の方

これからご結婚予定の方は、結婚前にお金の話をし、結婚後のおサイフはひとつにするという約束を取り付けることを強くおすすめします!

結婚前のラブラブな雰囲気のなか、一緒に暮らしはじめてからのお金の話をするのは気まずいと思います。少なくともわたしはそうでした。ふだんの言動から、夫が貯金していないことや、お金の話が好きでないことが、分かっていたからです。

しかし、勇気を出して、結婚後のおサイフはひとつにしたいことと、わたしが家計管理をしたいことを話し、承諾を得ました。

現在DINKSで、夫婦別会計の方

夫婦別会計で、ちゃんと貯まっている方は問題ないと思います。

しかし、夫婦別会計で思ったように貯金できていなかったら、パートナーの方と話し合ってみていただきたいです。夫の給与だけで生活することを心がければ、びっくりするほど簡単にお金は貯まりますよ。

まとめ

夫の給与だけで生活して、妻の給与はすべて貯金!これだけで、DINKS時代に簡単にお金を貯めることができます。

〈関連記事〉浪費家の夫とDINKS時代に250万円貯められた理由はおこづかい制。成功のコツは3つ!