銀行口座が8つもあって、パニック寸前!わが家の口座一覧を公開&新生銀行の口座を解約

知らないうちに、わたしが管理している銀行口座が8つにもなっていました。ひとつの口座につき、通帳・キャッシュカード・ネットバンキング用のカードがあったりするものですから、どれがどれなのか分からない状態になってしまいました。

探すだけでも一苦労ですので、必要な口座を厳選して、その他は断捨離することに決定!まずは新生銀行の口座を解約しました。

今回は、わが家の口座一覧を公開し、新生銀行の口座を解約した理由について書きます。

わが家の口座一覧

わが家の口座のなかで、わたしが管理しているものをすべて紹介します。このほかに、夫が管理している給与振り込み用の口座があります。

普通預金用(夫名義)

1.住信SBIネット銀行:メインバンクにする予定。

2.東京三菱UFJ銀行:児童手当振り込み&セゾン投信の引き落とし口座。夫の住信SBIネット銀行に切り替えを依頼中。

普通預金用(妻名義)

3.住信SBIネット銀行:クレジットカードの引き落とし口座。夫の住信SBIネット銀行に切り替えを依頼中。

4.みずほ銀行:コープデリの引き落とし口座。コープデリは、住信SBIネット銀行使用不可なので、切り替えできません(涙)コープデリをお休みしているので、解約するか迷い中。

定期預金用(夫名義)

5.オリックス銀行

6.新生銀行

定期預金用(妻名義)

7.オリックス銀行

8.新生銀行

このなかから、定期預金用の口座をオリックス銀行にしぼり、新生銀行の口座は解約しました。

新生銀行の口座を解約した理由

数年前、2週間満期預金を目的に、新生銀行の口座を開設しました。当時の金利は0.3%くらいでしたが、どんどん引き下げられてしまいました(涙)

一方、当初は2週間満期預金をあつかっていなかったオリックス銀行ですが、2014年より2週間満期預金がはじまり、新生銀行よりは利率が高い状態を維持しています。そこで、新生銀行の口座を解約することにしました。

夫と私の新生銀行の口座を解約したので、キャッシュカード2枚・セキュリティカード2枚が断捨離でき、すっきり!

口座がいっぱいあって管理ができないという方には、口座の断捨離がおすすめです!

こちらの記事もおすすめです

▼この記事を書いたあとに、普通預金の口座も、2つにしぼりました。

転勤族におすすめの銀行は住信SBIネット銀行!転勤族向けの徹底活用術を教えます

2017.03.20