ギャンブル依存症気味だった夫が結婚後ギャンブルをやめられた理由と、一度リバウンドした理由

わたしの夫は結婚前、ギャンブル依存症気味でした。

ギャンブルをしていなきゃ落ち着かないとか、借金してまでギャンブルをするほどではなかったので、ギャンブル依存症ではありませんでした。しかし、毎週末パチンコに行き、お金を使い果たしたらクレジットカードで買い物。クレジットカードの請求が多い月はキャッシングまでしていたので、趣味で楽しむという範囲はこえていました。

そんな夫ですが、結婚後はギャンブルをやめました。けれども、一度だけリバウンドしてギャンブルに行ったことがあります。

今回は、ギャンブル依存症気味だった夫が、結婚してギャンブルをやめた理由と、一度だけリバウンドした理由について書きます。

結婚前、夫がギャンブルをしていた理由

1.暇つぶし
2.
嫌なことを忘れられるから

夫が頻繁にパチンコに行っていたのは、転勤で地方暮らしだったとき。

近くに親しい友人がいなかったため、週末は予定が空いていることが多かった夫。しかも、転勤先の上司がかなり問題児で、パワハラまがいのあつかいを受けていた夫は、暇つぶしと、うさばらしのために、ギャンブルをしていました。

結婚後、夫がギャンブルをやめられた理由

1.暇じゃなくなったから
2.
精神的に落ち着いたから

結婚後は、ほとんど毎週末、家族ですごしています。家事や育児をしたり、ランチやお出かけをしたり、テレビを見たり。さらに、転勤したことで、パワハラ上司とも離れられました。

だから、パチンコに行けるほど暇じゃないし、精神的にも安定しているから、パチンコに行かなくても平気と、夫は言っています。

ギャンブルをやめてから、一度だけリバウンドした理由

そんな夫ですが、結婚後一度だけリバウンドして、パチンコに行きました。

それは子どもが生まれる前、わたしが休日に友人と出かけたとき。予定のなかった夫は、暇だったのでついつい、パチンコに行ってしまいました

この経験から、わたしは確信していることがあります。

今、息子は夫のことが大好きで、非常になついています。夫ももちろん、息子のことをとてもかわいがっています。わたしとの夫婦関係も良好で、家庭円満。今の状況が続けば、夫は二度とギャンブルをしないでしょう。

一方、息子が夫のことをけむたがるようになり、夫とわたしの関係が悪くなれば、夫はギャンブルを再開するでしょう。夫にとってギャンブルは、心のすき間をうめてくれる存在なのです。

いずれ息子は、親のことをけむたがるときがやってくるでしょう。そのときに備え、わたしが心がけようと思っていることが2つあります。

1.夫に、「息子が夫のことを煙たがっても、それは息子の成長なんだ」と言い聞かせる

2.わたしだけでも、夫との円満な関係を続ける

まとめ

結婚前の夫は、暇つぶしと嫌なことを忘れるために、毎週末パチンコに行っていました。しかし、結婚してからは暇でなくなり精神的にも安定したため、パチンコに行くことはなくなりました。

ただし、ギャンブルは夫にとって心のすき間をうめてくれる存在。また暇になったり、イライラするようなことがあれば、ギャンブルを再開するでしょう。

夫がギャンブルを再開しないためにも、夫の気持ちが満たされるような家庭をつくることが、わが家にとってはとても大事なことだと思っています。

浪費家の夫が家計管理に協力してくれる理由。お金を貯めるには「愛」が必要!

2016.10.03