確定拠出年金のアセットアロケーション。『ほったらかし投資術』のおすすめ商品に決定!

夫は企業型確定拠出年金に加入しており、毎月約12,000円の掛け金を、会社が負担してくれています。

そのため、確定拠出年金のお知らせが定期的に届くのですが、開いたまま放置されているのでたまにのぞき見することがありました(笑)それを見て、ずっと気になっていることがありました。

「この人、元本保証型のプランにしか加入していない‥!

5年半で60万円が、80万円に

わたしも新卒で入社した会社で、企業型確定拠出年金に加入していました。

入社説明会に、銀行の方が説明に来てくださり、「確定拠出年金は、若いうちは投資信託で運用し、定年間近になったら元本保証型に切り替えるのがスタンダードな運用方法です」と説明されていました。その言葉をうのみにして、すべて投資信託で運用しました。

その結果、退職までの5年半で、約60万円だった掛け金が約80万円になり、約20万円の運用益が出ました。

そこで先日、ついに夫に確定拠出年金の話をし、アセットアロケーション(資産配分)を変更しました。

わが家の確定拠出年金のアセットアロケーション

わが家の確定拠出年金のアセットアロケーションは、外国株式インデックス100%です!

確定拠出年金のアセットアロケーションを決めるうえでは、『全面改訂 ほったらかし投資術』を全面的に参考にしました。

端的にいって、外国株式のインデックスファンドをDCに割り当てると正解になる場合が多い(『全面改訂 ほったらかし投資術』、p.88)

※DC:確定拠出年金のこと。

※インデックスファンドは投資信託ですので、大きく元本割れすることがあります。投資は自己責任でお願いします。

なお、確定拠出年金の運用成績を公開しています。ご興味のある方はこちらのカテゴリ→〈参考〉運用成績(投資額・損益)

確定拠出年金のアセットアロケーションをお悩みの方

わたしは、他の投資とのバランス(=アセットアロケーション)を考慮し、確定拠出年金は外国株式のインデックスファンドを100%にしています。

アセットアロケーションをどうすればいいか、まったくわからない!とお悩みの方は、『全面改訂 ほったらかし投資術』を読まれることを強くおすすめします。

まずは1冊、本を読んでからアセットアロケーションを考えると、おどろくほどわかりやすいですよ^^

▼次に読んでいただきたい記事

『ほったらかし投資術』を読んで実践したら、お金の悩みがひとつ解決した

2017.01.17