結婚丸3年。夫婦ゲンカの原因、第1位を発表!わが家の夫婦円満のコツも教えます

わたしたち夫婦は無事、結婚丸3年をむかえました。基本的には仲のいい夫婦だと思いますが、時にはケンカもします。この3年間で、夫婦ゲンカの原因の第1位は、何だったと思いますか?

夫婦ゲンカの原因、第1位の発表!

夫婦ゲンカの原因の第1位は、私が夫に解決策を提案しちゃうことです。これだけではよく分かりませんので、具体的に説明しますね。

男性脳の私 vs 女性脳の夫

夫いわく、わたしは理詰めで物事を考えるタイプです。何か問題が起こったら、その解決策を求めて、調べたり考えたりします。いわゆる「男性脳」タイプです。

一方、夫は「女性脳」タイプ。何か問題が起こっても、解決策を知りたいんじゃない。その問題を話して、相手に共感してもらいたいタイプです。

男女が逆転していますが、わが家は男性脳と女性脳が共存しています。解決策を求めていない夫に、私が解決策を提案すると、「そうじゃない!」と不機嫌になってしまいます。

3年間の結婚生活で私が学んだ、夫婦円満のコツ

3年間の結婚生活で私が学んだ、夫婦円満のコツがあります。それは、解決策を述べない。夫の悩みやグチをただ聞くことです。とくに、仕事の会社のはなしで、解決策を述べるのは絶対にNGだと学びました。

結婚当初わたしは、社会人時代の経験から色々意見してしまうことがありました。しかし、プライドが高く&女性脳の夫は、解決策なんてまったく求めていないのです。むしろ、やる気をそいだり、不機嫌になったりするだけです。

プライドが低く&男性脳のわたしは、いまだに理解できていない思考なのですが、とにかく意見してはダメなことは確実なので、ただただそれを実践するようにつとめています。(たまに実践できなくて、いまだに不機嫌にしてしまうことがありますが・・。)

男性脳か、女性脳か分かる方法

自分が、男性脳か女性脳か、ちょっと気になりますよね?簡単に分かる方法があります。

まずは皆さん、自分の右手を見てください。あなたは、薬指のほうが人差し指より長いですか? それとも、人差し指のほうが薬指より長い、もしくはほぼ同じですか?

前者は「男性脳」であり、後者は「女性脳」と定義されています。

あなたはどっち? “人差し指”で分かる、「男性脳」と「女性脳」の違い

この記事を読んで確かめたところ、本当にその通り!わたしは薬指のほうが人差し指より長かったですし、夫は人差し指のほうが薬指より長かったです。

この記事で男性脳の特徴としてあげられていた、「自分が最初にハマったお店に通い続ける」や「遠くでヒソヒソと話している姿をみても、人は人、自分は自分と切り離して考えることができる」など、わたしにぴったり当てはまっていました。興味のある方は記事を読んでみてくださいね。

〈参考〉あなたはどっち?”人差し指”で分かる、「男性脳」と「女性脳」の違い(ウレぴあ総研)