企業型確定拠出年金に加入していて、退職後、専業主婦になったら、どうなる?徹底解説します

年金などの制度って、本当にむずかしいですよね。

わたしは新卒で入った会社を5年半で退社し、専業主婦になりました。新卒で入った会社では、企業型確定拠出年金に加入していましたが、専業主婦になったときにどうすればいいのか、よくわかりませんでした。

そこで今回は、正社員として働いている時に企業型確定拠出年金に加入していて、退職後、専業主婦になったら、どうなるのか?について書きます。

企業型確定拠出年金に加入後、専業主婦になる場合

Q:企業型確定拠出年金に加入していて、退職後、専業主婦になったら、どうなるの?

A:まずは、ご自身が退職された時期を確認してください。

平成28年12月以前に退職して、専業主婦になった場合

以下のすべての要件を満たす場合のみ、確定拠出年金から脱退できて、脱退一時金が受け取れます。

1.60歳未満であること

2.障害給付金の受給者ではないこと

3.企業型確定拠出年金で掛け金を拠出していた期間が3年以下、もしくは企業型確定拠出年金の資産額が50万円以下

→3番が理由で、確定拠出年金から脱退できない方が多いです。

脱退できない場合、個人型確定拠出年金の運用指図者になります。

わたしは加入期間が5年半でしたので、脱退できずに運用指図者になりました。

平成29年1月以降に退職して、専業主婦になった場合

以下のすべての要件を満たす場合のみ、確定拠出年金から脱退できて、脱退一時金が受け取れます。

1.国民年金の第1号被保険者のうち、国民年金保険料の全額免除または一部免除、もしくは納付猶予を受けている方

2.障害給付金の受給者ではないこと

3.企業型確定拠出年金で掛け金を拠出していた期間が3年以下、もしくは企業型確定拠出年金の資産額が25万円以下

→専業主婦は国民年金保険の第3号被保険者ですので、1番の要件を満たすことができません。

そのため、平成29年1月以降に退職して、専業主婦になった方は、全員が個人型確定拠出年金の運用指図者になります。

個人型確定拠出年金の運用指図者とは?

運用指図者ってどういう意味か分からないですよね。

運用指図者とは、お金は60歳まで引き出せず、掛け金は拠出できず、運用を指図するだけです。

「運用を指図する」とは、「資産を売却して、金融商品を購入しなおすこと(=スイッチング)ができる」という意味です。

なお、運用指図者になった方は、金融機関の選択がとても大事です。ここを間違えると、大きく損をします。

こちらの記事でくわしく説明していますが、楽天証券かSBI証券がおすすめです。

個人型確定拠出年金の運用指図者は、必読!おすすめの移換先・手数料・注意点まとめ

2017.05.18

個人型確定拠出年金の運用指図者になったら、どうすればいいの?

個人型確定拠出年金の運用指図者ができることには、次の3つがあります。

1.元本保証の定期預金などで資産を持ち続ける

2.投資信託などの金融商品で資産運用する

3.投資信託などの金融商品で資産運用するだけでなく、掛金も拠出する

1・2と、3は、大きくちがいます。

1・2は運用指図者として、もともと加入していた企業型確定拠出年金の資産を資産運用するかどうかですが、3については新たに掛金を拠出することになります。

1・2の「もともとの資産を運用したほうがいいのか」については、こちらの記事で解説しています。

個人型確定拠出年金の「運用指図者」になったら、資産運用したほうがいいの?

2017.01.04

3の「掛け金を拠出したほうがいいのか」については、こちらの記事で解説しています。

個人型確定拠出年金の「運用指図者の専業主婦」は、掛金を拠出したほうがいいの?

2017.01.18

最後に

わたし自身が専業主婦になり、個人型確定拠出年金の運用指図者になったときに、インターネットの情報がなく苦労しました。

その後、自分で金融機関に聞いたり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得したりするなかで得た知識をまとめました。

少しでもお役に立てればうれしいです。

▼次に読んでいただきたい記事はこちら

個人型確定拠出年金の運用指図者は、必読!おすすめの移換先・手数料・注意点まとめ

2017.05.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA