クレジットカードを1枚だけ持つなら、レックス(REX)カードで決まり!

クレジットカードが使えない場合をのぞいて、わが家の家計の支払いはすべてREX(レックス)カードです。

クレジットカードは本来、「楽天でのお買い物は楽天カード」「イトーヨーカドーでのお買い物はセブンカード・プラス」など、使い道に応じて使い分けると、ポイントが貯まりやすいですよね。

しかし、何枚ものカードを使い分けるのは面倒ですし、ポイントの有効期限を管理するのも大変なので、管理能力の高い方以外は、クレジットカードは1-2枚に絞るのがおすすめです。

クレジットカードを1枚だけ持つときにおすすめしたいクレジットカードは、REX(レックス)カード。そのメリット・デメリットをくわしくご紹介します。

REXカードのメリット

1.ポイントがめちゃくちゃ使いやすい

家電量販店などのポイントを有効期限内に使うために、「何を買おうかな?」と迷ってしまうことってありませんか?そういうときの買い物って、だいたい無駄な買い物なんですよね。

REXカードのポイントなら、そういう心配はいっさいありません。

REXカードのポイントは、”Jデポ”というポイントに変換すれば、翌月以降の請求金額から値引きしてもらえるんです。これなら、ポイントで無駄な買い物をすることなく、有効に使うことができます。

2.ポイント還元率が高い

REXカードのメリットのもう1つは、ポイント還元率が高いことです。一般的なカードのポイント還元率は0.5%ですが、REXカードならは1.5%!何と3倍なんです。

仮に年間100万円(月約8万円)使ったとすると、獲得ポイントにはこのような差が出ます。

★一般的なカード:ポイント5,000円分
★REXカード:ポイント15,000円分

ふだんのお買い物だけでなく、光熱費や携帯料金の支払いをクレジットカードに変えれば、年間100万円(月約8万円)は簡単にこえるのではないでしょうか。

REXカードのデメリット

1.前年度の使用額が50万円未満だと、年会費が2,500円+税

前年度に50万円未満しかREXカードを使用しなかった場合、年会費が2,500円+税かかります。

年間50万円(月約4万円)もクレジットカードを使わない方には、REXカードはおすすめしません。

2.電子マネーへのチャージではポイントが付かない

REXカードは、nanacoやEdyなどの電子マネーへのチャージではポイントは付きませんので、nanacoやEdyを使う方にはデメリットです。

リクルートカードや楽天カード(JCB)は、クレジットカードからnanacoにチャージすることで、ポイントが貯まります。

nanacoでは税金を支払うことができるので、税金の支払うだけで、ポイントが貯まることになります。そのため、税金の支払いがある方は、リクルートカードか楽天カード(JCB)がおすすめです。

REXカードはクレジットカードのランキングで実質1位

2016年 お金のいい話 (プレジデントムック)』に、クレジットカードの最新実力ランキングがのっています。

REXカードは、リクルートカードプラスに次いで、漢方スタイルクラブカードと並ぶ第2位。

リクルートカードプラスは2016年3月に新規申込を終了していますので、REXカードは実質第1位です。

DSC01605

REXカードのメリット・デメリットまとめ

〈REXカードのメリット〉

★ポイントがめちゃくちゃ使いやすい

★ポイント還元率が1.5%と高い

〈REXカードのデメリット〉

★前年度の使用額が50万円未満だと、年会費がかかる

★電子マネーへのチャージではポイントが付かない

クレジットカード選びの参考になればうれしいです。