イケア(IKEA)で家具を買う前に読んで!不器用でDIYをしたことのないわが家の大失敗談

北欧家具ってあこがれますよね。

なかでもイケア(IKEA)は、お手頃価格でおしゃれな北欧家具が手に入るので大人気です。

しかし、DIYをしたことのない方や不器用な方はちょっと待って!

イケアで家具を買うのはこの記事を読んでからにしてください。

不器用な人は、イケアで家具を買わないほうがいいかも

DSC01251

わが家のキッチンワゴンは、イケアのものです。

写真からはわかりにくいのですが、このワゴンには大きな問題点が2つあります。


1. グラグラゆれる

2. まんなかの白い棒が、ななめになっている


結婚を機に、このキッチンワゴンを買いました。

そのころわたしはイケアにあこがれていて、「新しく家具を買うんだからイケアがいい!」と、ワクワクしながら購入したんです。

しかし家に帰ってきてみて作ろうとすると、大問題が発生しました。

説明書がわからない!

イケアの説明書は、本当にわかりにくいのです( ;∀;)

DIYになれている方なら問題ないのでしょうが、カンタンな組み立てしかしたことのないわたしたち夫婦にとってはナゾだらけの説明書。

▼イケアの説明書が見てみたい方は、組み立て説明書をダウンロードしてみてください

組み立てサービスについて

イケアの家具は、自分で作ることを基本にしています。

そのため、組み立てサービスはありますが、基本工賃(5,000円)+購入金額の20%が必要です。

このキッチンワゴンは約25,000円でしたから、組み立てをお願いすると、5,000円+25,000円×20%=10,000円が必要です。

組み立て代で10,000円は高い!と、組み立てをお願いしませんでした。

わが家に起こった悲劇

わかりにくい説明書ながらも、なんとか組み立てを進めていました。

もうすぐ完成!という時に、衝撃の事実に気がつきました。

「あ、この板とこの板、逆に付けなきゃいけなかったんだ!」

一見同じ板なのですが微妙なちがいがあり、付ける位置が決まっていました。

それに気づかず、組み立てを進めてしまったのです。

時すでに遅し。

それまでにも何回かやり直しをしていたため、ネジがバカになってしまって、取れなくなってしまったのです。

しかたなく逆のまま完成させたら、欠陥だらけのキッチンワゴンが完成してしまいました。

不器用な方がイケアで家具を買いたいなら

不器用でDIY未経験のわが家がイケアの家具を買った経験談から、伝えたいこと。

もしあなたが不器用で、イケアの家具を買いたいと思っているなら・・


1.他のお店じゃだめかな?と検討してみてください。

2.作れそうかな?と説明書を見てみてください。

3.IKEA(イケア)の家具を購入するなら、組み立てサービスも検討してみてください。


出張サービスで組み立てをしてくれる業者もあるそうなので、ご自身で組み立てるのが無理そうなら、お願いしてもいいですね。

わが家の失敗談が参考になればうれしいです。